• ホーム
  • 芸能
  • 女子の密かな夢をかなえる(!?)妄想ドラマが人気に

女子の密かな夢をかなえる(!?)妄想ドラマが人気に

 ガチャガチャで出てきたカプセルをお風呂に一晩つけると“お兄ちゃん”になる……。しかも、そのお兄ちゃんは誰よりも自分のことを想ってくれて、イケメン(ハズレもある)。そんな女子の妄想をかなえるドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)が密かな人気になっている。脚本は、なんとあの野島伸司氏が手がけている。

◆世の中の厳しさ、無常さも織り込まれたガチャ?

 「カッコよくて、優しくて、いつも私を想ってくれる。しかも、彼氏ではなく、家族だからこそ、永遠に一緒! そんなお兄ちゃんが欲しい!」健全な女子ながら人生で一度は、いや、二度は……。いや、心からずっと願っている夢を実現させるまでを描いたドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』がおもしろい。

 このドラマの主人公“雫石ミコ”を演じるのは『明日、ママがいない』や『Woman』などの演技が記憶に新しい名子役の鈴木梨央。小学生のミコは、スナフキンになりたいという名言を残して家を出た“世界中を旅するパパ”を心から愛する売れないマンガ家のママと、ロリファッションに身を包む姉、やんちゃでワガママな妹と弟の世話をし、生活感あふれる毎日を送っていた。その日々は安売りのチラシをチェックし、せっせと夕飯を作るなど、まるでやつれた主婦。そんな彼女があるきっかけで理想のお兄ちゃんを手に入れることができるガチャを教えてもらうのだ。

 1回につき500コインでまわせるこのガチャガチャで出てくるのは温浴剤。お風呂で1日ふやかすと、お兄ちゃんになるという。もちろん、その全てが当たりのお兄ちゃんがでるとは限らない。“ワッキー”と“タナカ”などのハズレもちゃんとある(名前のとおり、ペナルティのワッキーとアンガールズの田中卓志が出演)。世の中の厳しさ、無常さもしっかりと織り込まれているのだが、ガチャの返品にも応じてくれる。小学生の女の子たちに「またワッキーかよ!」と返品される姿はなんとも切ないが、アタリはジャニーズJrのイケメンたち。ガチャガチャとはそういうもの、それはそれで仕方がないこと。

◆女子を惹きつけるたくさんのポイント

 最初にミコが引き当てたのは、なんと最上級のSランクのトイ(岸優太)。しかし超がつくほどのドSで、姉弟やママには優しいのにミコには冷たく接する、理想とは違うお兄ちゃん。それを理由に返品しようとするが、めったに出ないSランクだと強調され、とりあえずキープすることに。ここは小学生でも女。“キープ”には1000コインがかかるが、まぁ、とりあえず……という女心に共感する女子も多いことだろう。なるほど、お金がいくらあっても足りない。

 この物語の内容だけでも楽しめるが、ドラマには心を惹きつけるポイントがたくさん。まずは女子の“かわいい”をたっぷりと刺激してくれるファンタジーあふれる部屋に、猫足のバスタブ。物語のつなぎにはアメコミふうのアニメーションが使われ、イケメンのお兄ちゃんたちがいきなり歌いだすミュージカル調の進行など、どこから突っ込んだらいいかわからないからこそ、全部まとめておもしろいのだ。

 しかし、それだけではない。脚本はなんとあの野島伸司。毎回登場するお兄ちゃんたちのキャラクターにまつわる人間ドラマがしっかりと盛り込まれ、ミコをはじめとする女子小学生だけでなく、まわりの大人たちも含め、登場人物たちが少しずつ成長していく姿も描かれる。そんな心あたたまるドラマがおもしろくないわけがない。

 話は進み、現在はトイとともに、ミコの理想のお兄ちゃん探しが始まっている。果たして、ミコが理想とするおにいちゃんが現れるのか、これから現れるお兄ちゃん候補たちが持つ個性とともに、楽しみで仕方ない。そして、この“お兄ちゃん、ガチャ”が日本が持つ高度な技術で実現されることを切に願ってしまう。できれば今すぐに!
(文:吉田可奈)



オリコントピックス