• ホーム
  • 芸能
  • ネット発、完全オリジナル新作『仮面ライダー4号』登場

ネット発、完全オリジナル新作『仮面ライダー4号』登場

 人気特撮ヒーロー「仮面ライダー」シリーズの最新映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(3月21日公開)に、40年以上前に漫画で描かれながらも実写化されることのなかった幻のライダー「仮面ライダー3号」が初登場するのに続いて、今度は完全オリジナル新作の「仮面ライダー4号」が誕生することが13日、わかった。動画配信サービス『dビデオ powered by BeeTV』(以下、「dビデオ」)で3月28日より配信開始される(全3話)。

 これまでにも映画の“スピンオフ”や“序章”といった類のネットムービーが作られてきたが、「映画やテレビ番組と並び立つようなクオリティで、ネットメディアでしかできない作品を製作したいとずっと思案した」と東映の白倉伸一郎プロデューサー。「仮面ライダー4号は、映画『〜仮面ライダー3号』をきっかけに、その物語が広がっていく作品にしたいと考え、オリジナルの仮面ライダーが生み出されました」と説明する。

 同作では、映画『〜仮面ライダー3号』の後の世界を描く。ショッカーによって仮面ライダーの歴史が大きく歪み、歴史を正すために、仮面ライダードライブ、ファイズ、ゼロノスらがショッカーに挑んでいく中、悪の秘密結社・ショッカーによって新たに仮面ライダー4号が誕生してしまう。仮面ライダー4号は味方か? それとも敵なのか?

 仮面ライダーと言えば、バイクによるアクションがファンの見どころの一つだが、仮面ライダー4号は、仮面ライダー史上初めて、飛行機「スカイサイクロン」を操る。 その風貌は、軍隊のパイロットを思わせるもので、これまでの「仮面ライダー」に比べても異彩を放っている。また、映画『仮面ライダー3号』を劇場で鑑賞すると、この『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』の第1話を収録したDVDが全国で計100万枚プレゼントされる。

 3月28日第1話、第2話同時配信。第3話は4月4日配信。全3話(1話=約23分)。白井プロデューサーは「いずれは『仮面ライダー5号』や『6号』など、テレビにも映画にも登場しない新たな仮面ライダーが誕生するかもしれませんね(笑)」と話している。



関連写真

  • 完全オリジナル新作の「仮面ライダー4号」(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 「仮面ライダー4号」の活躍は動画配信サービス『dビデオ powered by BeeTV』で3月28日より配信開始

オリコントピックス