• ホーム
  • 芸能
  • 矢口真里、復帰後は「おとなしく生きていく」 再婚質問に困惑

矢口真里、復帰後は「おとなしく生きていく」 再婚質問に困惑

 タレントの矢口真里(32)が『第4回ベストフンドシストアワード』の「特別賞」を受賞し12日、都内で行われた授賞式に出席。昨年末に芸能活動を再開し「目の前の仕事を全力で頑張って、ペースはゆっくりゆっくりと…」と控えめに語った矢口は「おとなしく生きていく」と終始、謙虚に話していた。

【写真】その他の写真を見る


 「ふんどしを締め直して頑張ろうとする方」として同賞に選出された矢口。「まだまだ世間から厳しい声があるなか、こんなに背中を押される賞はない」と感激し「ふんどしを締めてこの場に立っています。これからは、ふんどしを第一に考えて頑張っていきたい」と意気込み笑わせた。

 また、交際中の元モデル・梅田賢三との近況については「普通にのんびりと過ごしてる」と答え、再婚は「まだ全然です」と否定。その後、恋愛についての質問が集中すると「どうしよう…」と困惑していた。

 矢口のほかにサンプラザ中野くん矢口史靖監督、キャスターの岸田雪子氏が受賞し、授賞式に出席した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『第4回ベストフンドシストアワード』授賞式に出席した矢口真里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第4回ベストフンドシストアワード』授賞式に出席したサンプラザ中野くん (C)ORICON NewS inc.
  • 『第4回ベストフンドシストアワード』授賞式に出席した岸田雪子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第4回ベストフンドシストアワード』授賞式の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス