• ホーム
  • 芸能
  • 坂上忍、尾てい骨の剥離骨折明かす「1ヶ月くらい不自由」

坂上忍、尾てい骨の剥離骨折明かす「1ヶ月くらい不自由」

 俳優・坂上忍(47)が12日、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(13日公開)女性限定スペシャルイベントに出席した。坂上は今月初旬にドラマで「追いかけっこ」のようなシーンを撮影していた際、尾てい骨を剥離骨折したことを告白。「冗談みたいな滑り方をして身体が浮いて、腰から落ちてしっぽみたいなところを打った」と苦笑で明かした。

【写真】その他の写真を見る


 「剥離なので大したことはない。(医者からは)1ヶ月くらい不自由することはるかもしれないですね。という感じ」とそこまで日常生活に支障はないようだが「座る時はお尻は大丈夫なんですけど、深く腰掛けるとそこがあたるので、痛みが発する。立っているほうが楽です」と説明した。仕事を休んだり、通院もしておらず、痛み止めを飲んでいるという。

 報道陣から「体力の衰え?」と茶化されると「そりゃそうでしょ。完全に中年まっただ中。20代だったら、あれくらい滑ったらバク転くらいできたかも」と笑わせた。骨折したその日は、大好きなお酒を飲んでいたわけなかったが「きょうは朝飲んでます!」と通常営業。交際中の女性には「(愛犬の)お散歩などで、支障がでそうなので手伝ってもらってます」と感謝していた。

 イベントにはモデルでタレントの道端ジェシカ(30)も登壇した。



関連写真

  • 尾てい骨を剥離骨折したことを告白した坂上忍 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)道端ジェシカ、坂上忍 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』女性限定スペシャルイベントに出席した道端ジェシカ(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス