• ホーム
  • 芸能
  • 中村うさぎ氏、『5時に夢中』を降板「文章の世界に戻ります」

中村うさぎ氏、『5時に夢中』を降板「文章の世界に戻ります」

 作家の中村うさぎ氏が11日、レギュラーを務めてきたTOKYO MX『5時に夢中!』(月〜金 後5:00)にVTR出演し、番組の降板を発表した。

 同じく水曜日のコメンテーターを務める女優の美保純との“いざこざ”から、先月28日、2月4日と中村氏は2週続けて番組を欠席した中村氏。ブログでは事の顛末を報告しており、6日のブログでは「プロデューサーと来週話し合う」と明かしていた。

 この日も番組を欠席した中村氏は、番組終盤にVTRで出演。「毒舌ジョークのつもりで言ったことで相手が傷ついたなら、それは私の非」「テレビは瞬発力で喋るから、人を傷つけることもある」と語り、「自分の言葉に100%の責任を持ちたいから、文章の世界に戻ります」と降板の理由を説明した。

 MCのふかわりょうは「番組の不手際で、視聴者の方にご心配とご迷惑をかけしました」と謝罪。「この番組のエースとも言える、中村うさぎという人物を失ってしまい、空いた穴の大きさをこれから実感する」と降板を悔みながら、「その穴が少しでも埋まるように努力してまいります」と前向きに語り、「7年間本当にありがとうございました」と感謝した。”いざこざ”が取り上げられていた美保は、コメントすることはなかった。

 中村氏は2008年4月から同番組に出演。13年8月に体調不良で入院した際も、生電話やVTR出演などで番組と関わり続け、14年2月に復帰していた。



オリコントピックス