• ホーム
  • 芸能
  • じゅんいちダビッドソン、本田選手に感謝 物まねは「非公認です」

じゅんいちダビッドソン、本田選手に感謝 物まねは「非公認です」

 毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2015』決勝戦が10日、東京・台場のフジテレビで行われ、サッカー日本代表の本田圭佑選手に扮し、ショートコントを織り交ぜた物まね漫談を披露したピン芸人・じゅんいちダビッドソンが初の王座に輝いた。

 本田選手の物まねを始めたのは、約1年半前。芸人仲間が多いという夜勤コールセンターのアルバイトをしている際、お笑いコンビ・風藤松原の風藤康二から「本田選手に似ているから物まねをしたら」と言われたことがきっかけだった。

 前回大会から一年、本田選手の物まねでブレイクしたじゅんいちは、この日も十八番ネタを貫き通した。しかし、まだ本人には直接許可をもらえていないといい、「物まねをやっているっていう噂しか知らないと思う。完全非公認です!」と声を大にして言い切った。

 会見では、大勢の報道陣に囲まれ「びっくりしてる。気の利いたことが言えないですいません…。驚きと喜びが同時にきてる」と興奮冷めやらぬ様子。「この喜びを誰に?」と聞かれると「奥さんとイタリアにいる本物の方に伝えたい」といい、“本物”本田に向けて「生まれてきてくれたおかげで(年齢が)一回り上の僕が活躍できた」と感謝していた。

 本田本人になりきり「勝ちはできたけど、勝っただけではね。もう3、4点は入れるチャンスはあった。そこが今後の改善点。まだまだ伸びしろあったということ。それがわかってよかった」と“本田節”で喜んだじゅんいち。勝因について「持ってたんでしょうね!」と本人顔負けのビッグマウスぶりだった。

 過去最多となる3751人がエントリーした今大会。じゅんいちは、最終決戦でも21票中13票を獲得。審査委員長の桂文枝も「ネタがしっかりしてます」と太鼓判を押す圧勝劇となった。



関連写真

  • 本田選手に感謝したじゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
  • 念願の優勝となり、満面の笑み (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス