• ホーム
  • 芸能
  • プリンセス天功が語る“破天荒”な師匠の素顔「日本全国に彼女がいる」

プリンセス天功が語る“破天荒”な師匠の素顔「日本全国に彼女がいる」

 “危険を買う男”の異名を持つ初代・引田天功が人間の限界をかけたマジックショーを行い、1970年代に伝説となった番組『引田天功大脱出』シリーズがCS放送ファミリー劇場にて3月12日から3週連続で放送されることが決定。1976年に初代に師事したものの1979年に初代が急逝し、“二代目”を引き継いだプリンセス天功がこのほど取材に応じ、初代・天功の素顔について語った。

【写真】その他の写真を見る


 天功は命がけで大脱出や大掛かりなイリュージョンに挑んだ初代について「今生きている方とは別の種類の男性。誰々みたい…というダイナミックというか、冒険というものを念頭において命をかけている。ヨットや山で世界制覇された方と話が合う人だった」と紹介。その素顔も「とにかく半端無くお金をかける、時計にも着るものにも車にも。外国人のようなジョークを言って、日本全国に彼女がいる。今の世界にはいない、すごく面白い方」と“破天荒”だったことを明かした。

 「覚えが悪いと殴る蹴る、物を投げるという大昔の弟子制度のパターンだった」と厳しい一面も見せていた初代だったが、初代引田天功事務所社長の姪である天功は“特別扱い”されていたといい「大阪公演の時、初めて映画館に連れて行ってくれた」と述懐。「なにを見るんだろうと思ったら、菅原文太さんの『トラック野郎』! まわりは男性ばかり。そのうち、隣を見たらすっごい泣いているんです。なんて感情豊かなんだろうな。弟子の前では怖いのに、と変に感激しました」と人間味あふれる姿をしみじみと回顧した。

 木曜スペシャル『引田天功大脱出』シリーズ(プリンセス天功出演特別番組)は3月12日より3週連続で毎週木曜午後9時から放送。12日には『引田天功地獄の大流水 死の水道管大脱出!』(1973年/シリーズ第4弾)、19日には『引田天功 死の火煙塔大脱出 時限装置爆破3分前』(1975年/シリーズ第6弾)26日には『引田天功大脱出 油地獄・水面大炎上』(1975年/シリーズ第7弾)を送る。天功は「今ではありえないことがたくさんあるので、こんなことをする人が過去にいたんだとわかってもらえればうれしい」とアピールした。



関連写真

  • 初代・引田天功の“破天荒”ぶりを明かしたプリンセス天功 (C)ORICON NewS inc.
  • スタイル抜群の天功 (C)ORICON NewS inc.
  • プリンセス天功=CS放送ファミリー劇場『引田天功大脱出』シリーズ取材会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス