• ホーム
  • 芸能
  • 『R-1ぐらんぷり』じゅんいちダビッドソンが初優勝

『R-1ぐらんぷり』じゅんいちダビッドソンが初優勝

 毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2015』決勝戦が10日、東京・台場のフジテレビで行われ、じゅんいちダビッドソンが初の王座に輝いた。過去最多となるエントリー3751人の頂点に輝いたじゅんいちは、優勝賞金の500万円を受け取り「これでミラノに行きます」と感謝を口にした。

【写真】その他の写真を見る


 今年で13回目となる同大会は、決勝トーナメントは12人のお笑い芸人がA、B、Cの3ブロックに分かれ、4組ごとにトップの芸人が決勝戦に進出する。Cブロック3番手に登場したじゅんいちはサッカー日本代表の本田圭佑に扮し、ショートコントを織り交ぜた物まね漫談を披露。NON STYLE石田、前年王者のやまもとまさみ、敗者復活から勝ち上がったヒューマン中村という実力派芸人がひしめくCグループを突破し、決勝戦に進出した。

 決勝戦では、Aブロックを勝ち上がったゆりやんレトリィバァ、Bブロックを勝ち上がったマツモトクラブ(敗者復活)と対決。じゅんいちは決勝戦でも本田選手がスーパーの店員に扮しクレームに対応する物まねコントで、21票中13票を獲得。審査委員長の桂文枝も「ネタがしっかりしてます」と太鼓判を押す圧勝劇となった。

 そのほか、Aブロックはあばれる君とにかく明るい安村COWCOW善し(敗者復活)、Bブロックは厚切りジェイソンエハラマサヒロアジアン馬場園が決勝トーナメントに登場した。

 決勝戦の模様は、同日午後7時より関西テレビ・フジテレビ系で生放送され、お笑いコンビ・雨上がり決死隊、フジテレビ・加藤綾子アナウンサーが司会を担当。審査員を桂文枝、関根勤、天野ひろゆき(キャイ〜ン)、勝俣州和、板尾創路が務めた。

 優勝者には、今後、副賞として関西テレビ・フジテレビ系の冠番組が与えられる。

 同大会は“ひとり芸日本一”を決める大会として、2002年にスタート。歴代優勝者は以下の通り。
第1回 だいたひかる
第2回 浅越ゴエ
第3回 ほっしゃん。(星田英利)
第4回 博多華丸
第5回 なだぎ武
第6回 なだぎ武
第7回 中山功太
第8回 あべこうじ
第9回 佐久間一行
第10回 COWCOW 多田
第11回 三浦マイルド
第12回 やまもとまさみ



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2015』で優勝したじゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
  • とびっきりの笑顔をみせるじゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
  • じゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.
  • じゅんいちダビッドソン (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス