• ホーム
  • 芸能
  • ABCテレビ・浦川アナ、朝から夕方の顔に 『おは朝』新MCは岩本アナ

ABCテレビ・浦川アナ、朝から夕方の顔に 『おは朝』新MCは岩本アナ

 新年度からABC朝日放送の朝と夕方の顔が一新する。朝の情報番組『おはよう朝日です』(月〜金 前6:45〜8:00)のメインキャスターを5年間務めた浦川泰幸アナウンサー(43)が、夕方の情報番組『キャスト』(月〜金 後4:58〜7:00※後5:53〜6:15は全国ニュース)の担当に。浦川アナの後任には、スポーツ畑一筋でやってきた岩本計介アナ(39)が抜てきされた。

 『おはよう朝日です』は、1979年4月2日にスタートし、35周年を迎えた同局の看板番組。入社20年目の浦川アナは、押しもおされもせぬ同局のエースアナとして、現在はフリーで活躍している宮根誠司氏から2010年4月に同番組のバトンを引き継いだ。ほかにも、全国放送の『アタック25』等、数々の看板番組を担当してきた。

 明るいキャラクターでアナウンサーとしての力量は申し分なし。“朝の顔”として人気を博してきたが、「天性の“おばちゃん目線”の持ち主」(『キャスト』山口正樹プロデューサー)と見込まれ、春から“夕方の顔”になる。『キャスト』は、2011年10月に伊藤史隆アナウンサーをメインキャスターにスタート。番組開始から3年半務めた伊藤アナから浦川アナにバトンタッチされる。

 浦川アナは「長寿番組を引き継ぐ、というプレッシャーに押し潰されそうになりながら(『おは朝』の)初日を迎えてから5年。あっという間でした。正直に言うと、ようやく慣れてきたかなぁ…と思えるようになって、もう少しやりたかった」と本音を漏らす。平日夕方の番組も「各局の報道番組がしのぎを削る夕方の時間に移ることは、やはりまた大きなプレッシャー」といい「ご覧の方と同じ目線で、日々のニュースをお伝えできれば、と思っています」と気合を入れ直していた。

 歴代、同局の男性アナウンサーがメインキャスターを務めてきた『おは朝』の6代目に就任する岩本アナは、浦川アナが『おは朝』5代目になった時と同じ入社16年目。これまでは、京都大学アメフト部での経験を活かし、アマチュアスポーツや野球などのスポーツ実況の中心を担ってきた。奈良県出身で大学は京都、職場は大阪、住まいは兵庫の生粋の関西人による“柔らかい言葉”と、入社以来、週2回欠かさずに続けているウエイトトレーニングで鍛え抜いた“筋肉ボディ”を武器に、新しい“朝の顔”を目指す。

 「ぜったいドッキリや…。今でもドキドキしています」と信じられない気持ちがまだ大きい岩本アナだが、「これまでのアナウンサー生活では全く活かせなかった肉体をつかったチャレンジ企画も大歓迎! 39年間の人生のすべてをかけ、全身全霊でぶつかっていきます!!」と意気込んでいる。

 『おはよう朝日です』の喜多ゆかりアナ、『キャスト』の高橋大作、塚本麻里衣、古川昌希アナは、引き続き出演する。



関連写真

  • 今春からABC朝日放送の夕方のニュース情報番組『キャスト』の新キャスターに就任する浦川泰幸アナウンサー(C)ABC
  • 浦川アナに代わって『おはよう朝日です』のMCを務める岩本計介アナウンサー(C)ABC

オリコントピックス