• ホーム
  • 芸能
  • ベッキー、「身近にある幸せを感じられる自分になりたい」

ベッキー、「身近にある幸せを感じられる自分になりたい」

 タレントのベッキーがナビゲーターを務める、HBC(北海道放送)制作の特番『しあわせの大地 富良野・美瑛に移住した15人のストーリー』が、8日(後3:30〜4:54)にTBS系で放送される。

【写真】その他の写真を見る


 美しい大地が広がる北海道の富良野市から美瑛町一帯は、近年、都会からの移住者が増え、今や人口の1割を占めるとも言われている。彼らが便利な都会暮らしを捨て、田舎暮らしを選ぶ理由とは? 15人の移住者を取材し、暮らしぶりを垣間見ながらその答えを探る。

 ベッキーが最初に訪ねたのは、東京でエステサロンを経営していた女性。彼女は築50年の建物を自ら修理・改築しカフェを開いた。窓の外に広がる美しい景色と、地元の小麦と自家製の天然酵母を使った手ごねパンの味に、ベッキーも思わず顔がほころぶ。

 自然に囲まれた場所で子育てするため移住してきた夫婦。父親は3人の子どもたちのために、自宅の離れに子ども部屋ならぬ“子ども小屋”を建てた。

 小学校の“給食のおばちゃん”として働いていた女性は、定年退職を機に三重県から美瑛町に移り住み、小さな宿を始めた。彼女が作るジャガイモのハンバーグやカレー味の肉じゃがにベッキーは感激。「料理をおいしいと言ってもらえることが何よりの生きがい」という彼女の生き方に心打たれる。

 ベッキーは「皆さん本当に幸せそうで、今の人生をすごく楽しんでいらっしゃる」と憧れの気持ちがわいてきたという。「正直、移住というと、頑張らなきゃいけない、苦労しなくちゃいけない、というイメージがあったのですが、『移住は何だか素晴らしくって、何か楽しい毎日が待っている』と言う印象に変わりました。こういう人生もいいなって本当に思いました」と影響。「幸せとか豊かさを決めるのは自分自身なんですよね。お金をかけなくても、身近にある幸せをちゃんと感じられる自分になりたいと思います」と話していた。

■番組ホームページ
http://www.hbc.co.jp/tv/info/happy/index.html



関連写真

  • 移住者の暮らしに触れたベッキーが感じたこととは? 2月8日放送、HBC・TBS系『しあわせの大地 富良野・美瑛に移住した15人のストーリー』(C)HBC
  • 移住者の暮らしに触れたベッキーが感じたこととは? (C)HBC
  • わが子のために建てた子ども部屋ならぬ「子ども小屋」(C)HBC
  • 2月8日放送、HBC・TBS系『しあわせの大地 富良野・美瑛に移住した15人のストーリー』(C)HBC
  • 2月8日放送、HBC・TBS系『しあわせの大地 富良野・美瑛に移住した15人のストーリー』(C)HBC

オリコントピックス