• ホーム
  • 芸能
  • HBC・金井憧れアナウンサーの「焼き鳥好き」な素顔

HBC・金井憧れアナウンサーの「焼き鳥好き」な素顔

 TBS系朝の情報番組『あさチャン!』の全国ネットで名前が紹介され、ネット上で話題となった北海道放送(HBC)の金井憧れアナウンサー(23)。ORICON STYLEの電話取材に応じた金井アナは、「父がつけてくれた本名です。名前が珍しいと驚かれることにももう慣れました」と明るい声で由来を話してくれた。

 りっしんべんに「童」(わらべ)と書いて「憧」。「わらべのような純真なこころを大切にしてほしい」という願いが込められているという。「父は日本語や言葉にこだわりが強く、しょっちゅう辞書を引いている。読みにくい名前より、正しく読んでもらえるように送り仮名をふったと聞いています」。

 金井アナは愛知に生まれ、父親の仕事の関係で東京に移り、小学生の頃、米国で暮らしたこともある。転校も多かったという金井アナは「転校先で自己紹介するたびにどよめかれるのが嫌だった」という。大学、社会人になってからは「一度で名前を覚えてもらえたり、悪いことばかりではないと思えるようになりました。ただ、名前ですぐ素性がバレるので、悪いことはできないですけどね(笑)」。

 昨年、慶應義塾大学卒業後、HBCに入社。5月に報道部に配属され、10月にアナウンス部に異動になった。現在、『HBCニュース』などを担当している。

 子どもの頃からホームビデオカメラの前で「レポーターのまね事をよくしていた」といい、「カメラを向けられることに抵抗がない」と度胸もバッチリ。英語も堪能だ。「英語や言葉を使う仕事に就きたいと思うようになりました。アナウンサーとしては始まったばかり。いろいろ経験、勉強して、2020年東京五輪で日本と世界をつなぐ仕事ができたら」と希望に胸を膨らませていた。

 ジャンルを問わず好きなものを聞いてみたら「焼き鳥とお酒」という思いがけない答えが返ってきた。「札幌に移り住んでまだ1年経っていませんが、私の焼き鳥好きは社内でも知られていて。アナウンス部でも一番、お酒に強いと思います」と楽しそうに話していた。



オリコントピックス