• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ・渋谷すばる、特技のブルースハープを披露 特別セッションも実現

関ジャニ・渋谷すばる、特技のブルースハープを披露 特別セッションも実現

 初主演映画『味園ユニバース』(2月14日公開)の公開が控える関ジャニ∞の渋谷すばるが、ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』(ソニーマーケティング株式会社)のキャンペーンサイトにてSpecial Movieを公開している。同作では、特技であるブルースハープを活かし、ブルースハーピスト・KOTEZとのセッションが実現。グループ活動とは異なる、新たな側面を垣間見ることができる。

 今回の企画は「クリアな音と映像が、記憶をリアルに呼びさます。」をテーマに関ジャニ∞のメインボーカルとして活躍中でありソロデビューも果たした渋谷をフィーチャー。本作品の中で、渋谷はプロのブルースハーピストとして知られるKOTEZとの共演が実現、見事なセッションを繰り広げている。

 2人のセッションは「列車」というテーマのもとスタート。ゆっくりと走り出し、徐々にスピードを上げて駆け出していく情景が浮かぶような臨場感ある音の広がり、息の合った掛け合いに両者とも大満足の様子。収録を終えた渋谷は「初めて主演した映画『味園ユニバース』が音楽映画という事もあり、今回このMVR (ミュージックビデオレコーダー)を使って普段はなかなか一緒に出来ないようなミュージシャンの方々と様々なセッションが経験をできた事を凄くうれしく思ってます。貴重な経験をありがとうございます。MVR最高!」と、セッションを心から喜んでいた。

⇒渋谷すばるが出演する『『ブルースハープスペシャルセッション篇』特設サイトはコチラ

オリコントピックス