• ホーム
  • 芸能
  • 栗城史多氏、エベレスト5度目の挑戦へ 2012年凍傷で両手指9本失う

栗城史多氏、エベレスト5度目の挑戦へ 2012年凍傷で両手指9本失う

 凍傷で両手の指9本を失った登山家の栗城史多氏(32)が、5度目となる秋季エベレスト(8848メートル)に単独・無酸素で挑戦することが3日、わかった。同日、所属事務所を通じて発表した。

 栗城氏は2012年、気象条件の厳しい秋季エベレスト西稜の8070メートル地点で強風のため下山し、その途中で両手・両足・鼻が重度の凍傷となり両手指9本を失った。その後、再生治療を試みながら、リハビリとトレーニングを続け、昨年はブロードピーク(標高8047メートル・世界第12位高峰)の単独・無酸素登頂を見事成功させ復帰。今回5度目となる秋季エベレストには中国側から同じく、単独・無酸素で挑戦する。

 また、自身の夢である「見えない山に登る全ての人たちに、一歩踏み出す勇気を伝えたい」という想いで、2009年からエベレストのインターネット生中継登山を行っている栗城氏。エベレストでも生中継を行いながら登頂を目指す予定だという。今後は5月にヒマラヤ高所で体を慣らすためのトレーニングをスタートさせ、9月中旬にエベレスト登頂を目指す。

  栗城氏は1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8000メートル峰三山を単独・無酸素登頂。なお、エベレスト挑戦はこれまで、09年9月、10年10月、11年10月、12年10月と4度挑戦しているが、登頂までには至っていない。



オリコントピックス