• ホーム
  • 芸能
  • 堂本光一、ジャニーさんと3時間電話「恋人かと…」

堂本光一、ジャニーさんと3時間電話「恋人かと…」

 KinKi Kids堂本光一(36)が3日、東京・帝国劇場で行われた主演ミュージカル『Endless SHOCK』の公開稽古後、囲み取材に応じた。通し稽古を鑑賞したジャニー喜多川氏から「無駄がないね!」と褒められたことを、物まねつきで明かした光一は「最上級の褒め言葉」と上機嫌。先日も、ジャニー氏からかかってきた電話で3時間話したことを告白し「内容は言えないんですけど…恋人かと思いました」と笑わせた。

 一部で相方の堂本剛の方がジャニーさんの“お気に入り”と噂されていることに「どっからどう、そういう噂が出たのかわからないけど、ジャニーさんは愛情に溢れている人」とフォロー。「我々は“ジャニーズファミリー”なので。それに誇りを持ってやりたい」と胸を張り「ジャニーさんの愛情を返すためにも『SHOCK』を成長させなければいけない」と気持ちを新たにした。

 2000年に初演を迎えた『SHOCK』も今年で15周年となり、光一は「21歳の頃と比べると身体は動くんですけど、回復が遅い」と自虐。「帝劇で長い期間でやらせていただいているので、たまに『光一の劇場』と言われるんですけど、滅相もございません。僕はやらせていただいている立場なので、この劇場に来るとすごく身も心も引き締まる。その気持ちは変わらずにやらせてもらいたい」と改めて意気込んだ。

 囲み取材には、屋良朝幸前田美波里、ラフルアー宮澤エマらが登壇。きょうから3月31日まで上演される。



関連写真

  • 共演者のラフルアー宮澤エマ (C)ORICON NewS inc.
  • 共演者の前田美波里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス