• ホーム
  • 芸能
  • “マッサン”夫婦が大阪・成田山で豆まき 撮影も終盤でエリー「寂しい」

“マッサン”夫婦が大阪・成田山で豆まき 撮影も終盤でエリー「寂しい」

 NHKで放送されている朝の連続テレビ小説『マッサン』(月〜土 前8:00 総合ほか)で亀山政春役の玉山鉄二、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス、鴨居英一郎役の浅香航大が3日、大阪・成田山新勝寺で節分祭の追儺豆まき式に出席した。

 袴姿で元気よく豆をまいた玉山は「大阪が舞台でもあったマッサンという作品で、大阪の人々と触れ合うことができて、残りあと三週間くらいですが、大変エネルギーをいただきました」と交流をよろこび、日本の文化を体験したシャーロットは「特別な機会をいただきまして、本日は本当にありがとうございました。今はマッサンの撮影が終盤に入っていますので、寂しく感じています」と心境を明かした。

 玉山は「ここまで無事に撮影がきているので『残りも無事に終えられるように』というのが、僕にとっての福です」と願いを込め、シャーロットは「自分の中から追い払いたいものは、恐怖心ですね。手に入れたいものは、勇気です」と紹介。浅香は“呼び込みたい福”に「新しい仕事」を挙げると「厄は敢えて追い払わずに、厄を役とかけまして、厄さえ味方につけていきたいという気持ちです」と、前のめりにコメントしていた。



関連写真

  • 大阪・成田山新勝寺で豆まきを行った(左から)玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、浅香航大(C)NHK
  • 笑顔あふれるマッサン夫婦(C)NHK

オリコントピックス