• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46・桜井、西野、松村、ドラマ撮影に全力投球中

乃木坂46・桜井、西野、松村、ドラマ撮影に全力投球中

 WOWOWの『連続ドラマW 天使のナイフ』(2月22日スタート、毎週日曜 後10:00)に出演する人気アイドルグループ・乃木坂46桜井玲香西野七瀬松村沙友理が、このほど茨城県内の撮影現場で取材に応じた。

 今回3人が演じるのは、主演の小出恵介演じる主人公・桧山貴志が店長を務めるカフェ「ブロードカフェ」の店員役。実は、彼女ら3人のうちの1人がストーリーにおける大きな鍵を握る重要な役どころに挑戦している。

 グループのキャプテンでもある桜井は「長回しのシーンが多くて、現場の緊張した空気感が新鮮です。いままでほかのメンバーとドラマや映画に出させてもらうことはありましたが、この作品はかなりシリアスで難易度も高いです」とコメント。小出との共演シーンでは緊張のあまり相手の目を見ることができず、「ちょっと冷たすぎる」と監督から注意されたことを明かしながらも「『キャリアのスタートにシリアスな作品に出るのもいい経験だ』と監督に言われたので(笑)、頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 1期生選抜メンバーの西野は「カフェ店員の役なので、お店の裏側を覗きながら『これ何だろ?』っていろいろイジるのが面白いです(笑)。バリスタの方にコーヒーの煎れ方を教えてもらったのも楽しかったです」とニッコリ。「けど、『いらっしゃいませ!』がなかなか言えなくて、監督に『照れるな』って怒られました(笑)」と、慣れないドラマの現場ながら楽しんでいる様子だった。

 同じく1期生選抜の松村は「今までバイトをしたことがなかったので、レジというものに初めて触りました。いろいろな体験ができて楽しい。現場ではほかの役者の方の演技を間近でじっくり見れて勉強になります。乃木坂46のほかのメンバーも『楽しみ!』って言ってました」とコメント。また、今作のオーディションではせりふ読み以外に、自分の好きな歌、持ち歌の歌詞を喜怒哀楽さまざまな表情で朗読したり、質問に対して「はい」や「いいえ」でなく歌詞の一節で答えるというユニークなものだったことも明かした。

 同ドラマの原作は、『第51回江戸川乱歩賞』を受賞した薬丸岳氏のミステリー小説。刑事責任能力を問われない14歳未満の少年たちによる殺人と、マスコミによって晒される被害者と遺族のプライバシーをめぐる物語を通じて、本当の意味での更生、そして贖罪(しょくざい)について鋭く問いかける。シリアスな展開が続く中、彼女たちが登場するだけで画面の中の雰囲気が和みそうなフレッシュな演技に期待したい。

 『連続ドラマW 天使のナイフ』はWOWOWプライムで2月22日より放送開始(毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)。



関連写真

  • WOWOWの日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』(2月22日スタート)に出演する乃木坂46の(左から)桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理(C)WOWOW
  • WOWOWの日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』(2月22日スタート)に出演する乃木坂46の(左から)桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理(C)WOWOW

オリコントピックス