• ホーム
  • 音楽
  • 大川栄策、古賀政男さん生誕110周年に決意新た「歌い継いでいく」

大川栄策、古賀政男さん生誕110周年に決意新た「歌い継いでいく」

 演歌歌手・大川栄策(66)が31日、東京・渋谷の古賀政男音楽博物館けやきホールで、『古賀メロディコンサート』を開催した。1978年に死去した作曲家・古賀政男さんの生誕110周年にあたることから、最後の内弟子の大川が全23曲を熱唱した。

【写真】その他の写真を見る


 古賀さんの自宅跡地のステージに立った大川は「古賀先生の曲を歌うたびに、先生の顔がチラチラチラチラ浮かぶんですね。優しい笑顔が忘れられないです。若い頃はいろいろと叱られたこともありましたが、今の私があるのは先生のおかげ」と感謝しきり。昼夜2回公演計500人の観客に古賀メロディーと自身の新曲「あばれ舟唄」を披露した。

 大川は「入門したのが、昭和42年。すでに先生はミリオンセラーいっぱいの時代でしたから、内弟子を取る必要もなかったはずなんですが、同郷ということもあって、入門させていただき、よくしてくださいました」と回顧。「師匠の作品は風雪に耐えてきた名作傑作ばかり。声の続く限り、しっかりと先生のご恩に報いられるように、歌い継いでいきたい」と決意を新たにしていた。



関連写真

  • 1978年に死去した作曲家・古賀政男さんの生誕110周年記念コンサートを行った大川栄策
  • 古賀メロディー22曲と自身の新曲「あばれ舟唄」を披露
  • 古賀政男音楽博物館けやきホールで古賀政男さんの生誕110周年記念コンサートを開催した大川栄策

オリコントピックス