• ホーム
  • 芸能
  • 今田耕司ら、ネタ番組減少で発奮 お笑いフェス開催を発表

今田耕司ら、ネタ番組減少で発奮 お笑いフェス開催を発表

 お笑い芸人・今田耕司バカリズムらが、昨年から『ネタ番組』が減少している現状を鑑みて、東京・下北沢の5会場で、約120組の芸人たちによる20超の“同日複数会場型のフェス”に近い、お笑いライブ『下北沢大興行』を開催することを発表した。

 芸人のステップアップに「ライブ」「ネタ番組」は必要不可欠。ネタ番組が減りつつも連日、東京・大阪を中心に多くのお笑いライブを開催。しかし、満足な集客に結びついていないという。これを受け、今田、バカリズム、ネプチューン堀内健劇団ひとり東京03など、所属事務所の垣根を超えてお笑いブーム復活に向けて結束。同イベントを開催するべく動いた。

 堀内は「下北沢といえば僕が初めて帽子をかぶって歩いた街なのでとても思い入れがあります。その街でお笑いができることを幸せに思います! 帽子だけにみんなをハッとさせるぞ!」とユーモアたっぷりにアピール。東京03も「ネタはライブで観るに限ります。下北沢で大いに盛り上がりましょう」と呼びかけた。

 『下北沢大興行』は4月18日、19日に開催。メイン企画として「今田耕司&バカリズム企画」、「ネプチューン堀内健MCネタライブ」、「劇団ひとりMC『共感百景』」、「東京03主催コントライブ」などが決定している。



オリコントピックス