• ホーム
  • 芸能
  • 林修先生、アシスタントの準ミス日本を祝福「立居振舞の美しさが際立つ」

林修先生、アシスタントの準ミス日本を祝福「立居振舞の美しさが際立つ」

 予備校講師でタレントの林修(49)が、26日に開催された『第47回2015年度ミス日本グランプリ決定コンテスト』で準ミス日本に選ばれた秋山果穂さん(21)を“師匠”として祝福した。

 東京大学医学部3年生で特技はズバリ「勉強」という秋山さん。大学受験時には偏差値93.7を記録した才女で、東進ハイスクール東大特進コースで林先生のアシスタントを務めることから「褒めてくれたらいいな」と話していたが、林先生もこの快挙に「本当に、おめでとうございます」と大喜びだ。

 受賞の決め手は「容姿だけでなく、ふだんから立居振舞の美しさが際立っていますが、それも評価されたのではないでしょうか」と分析。「今後のいっそうの活躍を期待しております」と祝福している。

 「今でしょ!」の名せりふと準ミス日本の才女、教え子たちはさぞかし勉強に熱が入っていることだろう。



オリコントピックス