• ホーム
  • 芸能
  • BPO、「キモイ」発言審理打ち切り 府議の申し立て取り下げで

BPO、「キモイ」発言審理打ち切り 府議の申し立て取り下げで

 昨年8月11日放送の日本テレビ系『スッキリ!!』(月〜金 前8:00)でコメンテーターのテリー伊藤が、無料通話アプリ「LINE」で地元中学生らとトラブルになった山本景・大阪府議について「こいつキモイもん」と発言した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)が審理を打ち切ったことが27日、わかった。山本府議が人権侵害の申し立てを取り下げたためで、20日の放送人権委員会で正式に決まった。

 山本府議は昨年8月、女子中学生らに威圧的なLINEメッセージを送ったことが問題となった。テリーは番組で「こいつキモイもん」などとコメント。この発言が侮辱罪に当たるとして山本府議が抗議し、申し立てを行っていた。

 しかし、テリーが今月16日、番組の生放送中に3月いっぱいで卒業することを発表。卒業と一連の騒動との関連は明らかにならなかったが、山本府議は19日に自身のブログで、申し立てを取り下げたことを報告していた。

 BPOは26日に公開した議事概要で「今回委員会前日の2015年1月19日に、山本府議から委員会宛てに申立て取下げ書が提出されたため、この日の委員会ではその書面を確認し、この事案については以後、審理しないことを決めた」とした。

 BPOは昨年11月の同委員会で審理入りを決定し、双方から提出された書面をもとに審理を続けていた。

 一方、お笑いコンビ・おぎやはぎがこの問題を取り上げた、昨年8月22日放送のTBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00〜3:00)については、引き続き審理する。



オリコントピックス