• ホーム
  • 芸能
  • 橋田壽賀子&石井ふく子、『渡鬼』長寿の秘訣は「身近さ」

橋田壽賀子&石井ふく子、『渡鬼』長寿の秘訣は「身近さ」

 脚本家の橋田壽賀子氏とテレビプロデューサーの石井ふく子氏が26日、2月に2週連続の2時間スペシャルで復活するTBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に関して同局で記者会見。2011年9月に連ドラとしての幕を閉じた『渡鬼』の歩みを振り返るとともに、「ホームドラマ」を書くことについて語り合った。

 『渡鬼』は1990年にスタートし、全10シリーズと単発スペシャルで計505回を放送。20.5%と驚異的な平均視聴率を残し、「国民的ホームドラマ」としての地位を築いた。小料理屋「おかくら」の主人・岡倉大吉を初回から演じた藤岡琢也さん(享年76)が2006年に亡くなり、同年から引き継いだ宇津井健さん(享年82)も昨年3月死去。これに合わせて今作は、大吉亡き後の5人姉妹が「相続」などさまざまな問題に直面する様子を描く。

 会見で「今ホームドラマをやる意味は」との質問に、橋田氏は「私はホームドラマしか書けない。ホームドラマが好きだし、これからもホームドラマしか書きません」とキッパリ。

 同氏と長年タッグを組んできた石井氏は「ホームドラマは一番の基本。何でもない普通のドラマを書けるのはすごいこと」とし、「家族の中で起こることをどう見つめるか。橋田さんはそれを温かく書いている」とたたえた。

 『渡鬼』をスタートさせるとき、「ダメならやめよう」と話し合っていたという二人。橋田氏が「そのときが来たのかも…」と冗談めかすと、石井氏は「変なこと言わないの」と制して笑わせた。

 連ドラとして21年続いた『渡鬼』について、二人は「身近さ」を理由に挙げた。「『うちでもこういうことあるよね』と感じてもらえた。茶の間との連携があった」と石井氏が振り返れば、橋田氏も「お隣の家族の話みたいに身近に感じてもらえた。何でもない話でも書かせてもらえたら、私たちの命はまだある」と語った。

 次回作の構想を聞かれた橋田氏は「老人問題は大きな問題。子どもをどうやって育てるか、子どもの問題もいくらでもできる。世の中は問題だらけですから」と衰えぬ観察眼で意欲を燃やしていた。

 2時間スペシャルは2月16日と同23日の2回放送(いずれも後9:00〜10:54)。年の瀬に大吉が心筋梗塞で他界し、約1億円の遺産が5人の娘に残されることに。次女の五月(泉ピン子)は、一緒に住んでいた五女・長子(藤田朋子)が相続すべきだと言い、一人前になった壮太(長谷川純)に店を任せられると主張するが、長子は「店をやめる」と宣言してしまう。



関連写真

  • ホームドラマについて語った橋田壽賀子氏、石井ふく子プロデューサー (C)ORICON NewS inc.
  • 石井ふく子プロデューサー (C)ORICON NewS inc.
  • 橋田壽賀子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス