• ホーム
  • 映画
  • ジョニー・デップ、婚約者と手つなぎ来日 ファン1000人が悲鳴

ジョニー・デップ、婚約者と手つなぎ来日 ファン1000人が悲鳴

米俳優ジョニー・デップ(51)が26日、主演映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2月6日公開)のプロモーションのため羽田空港に到着し、1年6ヶ月ぶり11度目の来日を果たした。婚約者で女優のアンバー・ハード(28)としっかり手をつなぎながら姿を見せると、詰めかけたファン約1000人から悲鳴にも似た歓声が送られた。

 この日はデップを出迎えようと朝8時からファン100人以上が待機し、50人もの警備スタッフがスタンバイ。到着時刻の午後7時にデップが姿を現すと「ジョニー!」「I LOVE YOU!!」「おかえりなさい!」と歓声が沸き起こった。

 熱心なファンサービスで知られるデップは、集まったファンに丁寧に握手やサインをし、笑顔で記念撮影に応じると、なかには泣き出す女性ファンの姿も。小さな女の子を見つけると目線に合わせて膝をつくなど、相変わらずの優しさで魅了していた。

 親日家でもあるデップは、日本のファンについて「ヒゲをつけた子供がいっぱいいてかわいかった。日本のファンはみんなスイートだね!」とコメントするなど、終始ご満悦の様子だった。



関連写真

  • 1年6ヶ月ぶり11度目の来日を果したジョニー・デップと婚約者のアンバー・ハード
  • 羽田空港には1000人を超えるファンが集まった。
  • ファンに目線に合わせて膝をつくなど、ファンサービスで周囲を魅了した。

オリコントピックス