• ホーム
  • 音楽
  • AKB柏木、9年目で初センター こじはると2人体制

AKB柏木、9年目で初センター こじはると2人体制

 AKB48が25日、東京ドームシティホールで開催中の『AKB48リクエストアワー セットリストベスト1035 2015』最終公演で、39枚目のシングル「Green Flash」(3月4日発売)を初披露した。センターは柏木由紀(23)と小嶋陽菜(26)の2人体制。3期生の柏木はキャリア9年目にして初センターとなり、2000人の観客から大声援が送られた。

 同曲は1986年のフランス映画『緑の光線』(エリック・ロメール監督)のオマージュ。この日タイトルが初めて発表されたが、客席のファンはすぐに緑のペンライトに切り替え、メンバーを感激させた。AKBの春のシングルは卒業ソングが恒例だが、本作はしっとりとした失恋ソング。途中には高橋みなみ山本彩のラップが入る今までにないシングルとなっている。

 柏木は「初めてセンターをやらせていただくので、小嶋さんを頼りにしています!(笑)」と先輩をよいしょ。一方の小嶋は「ゆきりん(柏木)の歌声が好きなので、一緒にセンターで歌えてうれしい」と喜んだ。

 同曲の選抜メンバー16人は以下のとおり。柏木、小嶋陽、高橋みなみ、山本彩、渡辺麻友、指原莉乃、横山由依、松井玲奈、宮脇咲良松井珠理奈、川栄李奈、島崎遥香、生駒里奈、木崎ゆりあ、小嶋真子、入山杏奈



オリコントピックス