• ホーム
  • 芸能
  • 浪速のロッキー・赤井英和、30年ぶりにリングへ

浪速のロッキー・赤井英和、30年ぶりにリングへ

 かつて“浪速のロッキー”と呼ばれた人気ボクサーだった俳優の赤井英和(55)が、引退から30年ぶりに再びリングで拳を交えることになった。挑戦者は、現在、天神橋筋商店街で古着店を営む西口正さん(67)。試合本番まで両者のトレーニングに、赤井がMCを務めるABC朝日放送『ごきげん!ブランニュ』(毎週月曜 後11:17※関西地区ローカル)が密着。大阪・ABCホールの特設リングで行われた2分2ラウンドのドリームマッチの模様と併せ、2月2日に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 赤井は近畿大学在学中から注目を集める不世出のハードパンチャーだった。1980年、愛寿ジム(現グリーンツダジム)からデビューすると当時の日本記録となる12連続KO勝ちをマーク。世界チャンピオンへの期待が高まっていた85年に試合で脳内出血を起こし、死の淵をさまよって、ボクサー人生の幕を下ろした経緯がある。

 そんな赤井は、先頃、肉体改造のCMで見事に締まった肉体を披露し、話題になったが、「トレーニングして、CMのままの体重をキープしている」という。肉体改造のおかげで基礎代謝が上がり、内臓の機能も向上したらしく、「大便と小便の量が増えた(笑)!」と手応えを語っている。

 挑戦者の西口さんは、高校・大学とボクシング部に所属し、関西学院大学時代はフェザー級近畿チャンピオンになるなど、アマチュアの世界で活躍した。赤井に憧れ、赤井と同じリングで戦うことが長年の夢だったという。年齢的にもこれが最後のチャンスと、「赤井へ、12オンスのグローブを用意して待ってるで」と赤井を威嚇するような挑戦状を店前の看板に掲げた。それを番組スタッフが偶然見かけ、赤井に報告。赤井もその挑戦を受けることにした。

 「今回は持てるものをすべて出して臨みます。一発入れます! 自信はあります!」と強気の先制パンチを放った西口さん。赤井は「私の師匠でトレーナーのエディ・タウンゼントさんは 『ボクシングの虫に刺されたら、死ぬまで体にはボクシングの血が流れている』 と、ずっとおっしゃっていた。そんな血の流れる西口さんの闘志ある挑戦に出会えて、幸せに思います。そして、真剣に望めば、夢はかなう。西口さんの姿を通してそれを感じてほしい」とメッセージを寄せた。勝負の行方はいかに!?



関連写真

  • 2月2日放送の『ごきげん!ブランニュ』は「西口正VS赤井英和 ボクシング対決!」と題し、“ごきげん!ブランニュスペシャル企画 ダイナマイトボクシング”を放送。レフェリーはトミーズ雅(C)ABC
  • “ごきげん!ブランニュスペシャル企画 ダイナマイトボクシング”ポスターも本格的(C)ABC
  • 赤井英和、30年ぶりリングへ(C)ABC
  • 赤井英和、30年ぶりリングへ。試合の模様は2月2日に『ごきげん!ブランニュ』で放送(C)ABC
  • 赤井英和、30年ぶりリングへ。右は挑戦者の西口正さん。試合の模様は2月2日に『ごきげん!ブランニュ』で放送(C)ABC

オリコントピックス