• ホーム
  • 芸能
  • 柴咲コウ主演『○○妻』2話は15.2% 配信サービスが好調の鍵に

柴咲コウ主演『○○妻』2話は15.2% 配信サービスが好調の鍵に

 女優の柴咲コウが主演する日本テレビ系連続ドラマ『○○妻』の第2話が21日放送され、平均視聴率が15.2%だったことが22日、わかった。先週の初回14.4%から0.8%アップし、2週連続で好調な数字を記録した。視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ。

 毎話放送後には定額制のオンライン動画配信サービスHuluでも視聴できるが、1万5000本のコンテンツ中、1月第2週(1/12〜1/18)の日本のドラマランキング1位、全コンテンツの総合ランキング4位と同局では最高の滑り出し。「一度過去のエピソードを見直したい」「放送を見逃してしまった」「話題になって後から見たくなった」などの視聴者のニーズに対応することができ、テレビと動画配信での相乗効果を生み出しているようだ。

 さらに、ジャニーズ事務所所属のタレント(東山紀之)が出演しているテレビ番組としては初めての定額制の動画配信サービスでの配信と話題になっており、ネットの世界でも注目されている。

 同作は、脚本家・遊川和彦氏ら2011年の大ヒット作『家政婦のミタ』の制作スタッフが新たな夫婦のカタチを描く“究極のラブストーリー”。今作でドラマ単独初主演を飾る柴咲が生活のすべてを夫に捧げる妻を、その夫でニュースキャスターの久保田正純を東山が演じるほか、黒木瞳、城田優、蓮佛美沙子、奥貫薫らが脇を固める。

 第2話は、籍を入れず、3年ごとに更新する契約書を交して6年間、夫婦として暮らしてきたひかり(柴咲)と正純(東山)。第2話では正純が契約更新を拒否して「本当の夫婦になりたい!」とプロポーズしたものの、ひかりはあっさり家を出て行ったしまう。身の回りのことをすべてひかりに任せていた正純は翌日から、その日に着る服すら満足に選べなかったりと生活に支障をきたし…という展開だった。



関連写真

  • 好視聴率を獲得している柴咲コウ主演ドラマ『○○妻』(C)日本テレビ
  • 第2話場面カット(C)日本テレビ

オリコントピックス