• ホーム
  • 音楽
  • 大原櫻子“ボブ”の理由明かす「ちっちゃい頃から…」

大原櫻子“ボブ”の理由明かす「ちっちゃい頃から…」

 歌手で女優の大原櫻子(19)が21日、東京・代々木第一体育館で開催されたMODE/HAL/IKO発表展『未来創造展2015』のゲストライブ後、報道陣の取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 トレードマークのボブカットがすっかり定着した大原だが「ちっちゃい頃からボブが多くて…。肩につくとハネちゃうし、ショートはボーイッシュになっちゃうからしなかったり。そうしたらずっとボブになった」と理由を告白。

 以前は胸のあたりまで伸ばしたり、雑誌などでも別の髪型にチャレンジしたりしてきたという大原だが「結局はボブにしちゃう」と断念。それでも「ロングとかはしてみたい」と願望をのぞかせていた。

 この日は専門学生の卒業制作展で最新曲「瞳」など6曲を披露。昨年末は『日本レコード大賞新人賞』の受賞や『第93回全国高校サッカー選手権大会』応援歌を担当するなど人気急上昇で、3月には1stアルバム発売、4月には初めてのツアーも控える。

 「私のライブの時間としてたっぷり使えるのでよりお客さんと距離を縮めたい。あと初めましてのお客さんに会えたらいいな」と期待に胸をふくらませ、今後は「作詞にも挑戦したい」と意欲をみせていた。



関連写真

  • トレードマークであるボブカットの理由を明かした大原櫻子 (C)ORICON NewS inc.
  • 年末には『日本レコード大賞新人賞』も受賞した大原 (C)ORICON NewS inc.
  • ゲストライブの模様
  • 『未来創造展2015』ゲストライブに出演した大原櫻子
  • 『未来創造展2015』ゲストライブに出演した大原櫻子

オリコントピックス