• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂・若月佑美、舞台上では恋してる 相手役は“男装女子”

乃木坂・若月佑美、舞台上では恋してる 相手役は“男装女子”

 アイドルグループ・乃木坂46若月佑美が21日、都内で舞台『ヴァンパイア騎士』公開ゲネプロ前に報道陣の取材に応じた。同作で二人の男性の間で揺れ動く役に挑戦する若月は、普段アイドルとして恋愛はご法度だが、記者から「舞台上では恋をしている?」と聞かれると「そうですね。舞台上では役になっているのでいいのかなと。普段の私じゃない私がいます」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 原作は2005年から2013年まで『LaLa』(白泉社)で連載された樋野まつり氏によるマンガ。舞台でのキャストは全員女性で“男装女子”として活躍しているAKIRA、ルウトの二人が若月の相手役を演じる。あえて女性が男性を担当することで、独特な色気と世界観を表現するという。

 ルウト曰く、舞台は「女の子を女の子が取りあう不思議な感じ」に仕上がっているといい、AKIRAは「キャラクターたちが歌ったり、踊ったりするのが見どころですね」とアピールした。

 若月は、苦労した点を「明るいキャラクター作り」と即答。「正直、普段明るい人間ではない。感情の起伏がないんです。最初『目が死んでいる』と言われ、笑顔の練習から始めました」と明かした。

 同舞台はきょうから25日まで東京・博品館劇場で上演される。なお、支葵千里役で出演予定だった松本愛は体調不良のため、初日の代役を中川汐希が務めることとなった。



関連写真

  • 二人の男性の間で揺れ動く役に挑戦する乃木坂46・若月佑美 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ルウト、若月佑美、AKIRA (C)ORICON NewS inc.
  • AKIRA=舞台『ヴァンパイア騎士』公開ゲネプロ前取材 (C)ORICON NewS inc.
  • ルウト=舞台『ヴァンパイア騎士』公開ゲネプロ前取材 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス