• ホーム
  • 芸能
  • 中川翔子、大塚周夫さん訃報に「ショック」

中川翔子、大塚周夫さん訃報に「ショック」

 歌手でタレントの中川翔子が17日、自身のブログを更新。アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男や『美味しんぼ』の海原雄山の声で知られる、声優で俳優の大塚周夫さん(享年85)の訃報に「ショックを受けています」と悲しみをつづっている。

 自身もディズニー映画『塔の上のラプンツェル』や劇場版『DRAGON BALL Z 神と神』などの作品で声優として活躍する中川。大塚さの訃報に「ショックを受けています」とつづると「ねずみ男や海原雄山、山田先生にノロイ。ユニークでどんなキャラもにくめない明るさ、大塚周夫さんの温かい人柄が宿っていました」との思いを吐露した。

 『墓場鬼太郎』で共演した際を振り返り「大御所のみなさまのなかで緊張していたわたしに、明るくしょうこちゃーん!と優しく話しかけてくださり、アフレコの合間に、携帯で撮った猫の写真を見せてくださり、和やかに楽しい時間になりました。本当に宝物な体験です」と感謝。

 最後は「いつも笑顔で優しい大塚周夫さんが大好きです。キャラクターと声はアニメと共に時を超えて永遠に生きている。ご冥福をお祈りいたします」とブログを結んでいる。

 大塚さんは東京都出身。『ONE PIECE』のゴールド・ロジャーや『忍たま乱太郎』の山田伝蔵のほか、吹き替えでは米俳優のチャールズ・ブロンソンを担当していた。



オリコントピックス