• ホーム
  • 芸能
  • USJ、世界最高峰の人型フィギュア公開 リアルすぎるリヴァイの全身画像

USJ、世界最高峰の人型フィギュア公開 リアルすぎるリヴァイの全身画像

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で23日よりスタートする新イベント『ユニバーサル・クールジャパン』(5月10日まで)。日本が世界に誇るアニメ・ゲームの“4大人気ブランド”『エヴァンゲリオン』『進撃の巨人』『バイオハザード』『モンスターハンター』の世界観をリアルに再現するイベントで、初披露される『進撃の巨人 ザ・リアル』のリヴァイの“クロノイド”全身画像が公開された。

 聞きなれない“クロノイド”とは、「クローン」と「アンドロイド」の造語で、ユニバーサル・スタジオの技術を駆使して生み出された人型フィギュアの総称。これまでのフィギュアと違うのは、キャラクターごとに個性豊かな体型や髪質はもちろん、瞳の虹彩や眼球の毛細血管、眼球と目頭の隙間に微妙に浮いた涙、微細な皮膚の毛穴や血管、体毛に至るまで、“人間そのもの”に見えるほど高精度に作られているということ。

 今回、『進撃の巨人』のリヴァイ、ミカサ、アルミンのクロノイドが制作されたが、例えば、年齢・性別・人種が異なるリヴァイとミカサでは、肌ひとつとってみても人間と同様にまったくの別物になっている。

 人間そっくりの人形をつくるより、マンガやアニメに登場する2次元のキャラクターを立体化するほうが断然難しい。『進撃の巨人 ザ・リアル』の制作に携わったアートディレクターの佐々木由希子氏は、「実在の人間の骨格や筋肉を再現するにはモデルがあるのですが、2次元のマンガやアニメの人物をリアルな3次元に変換するにはモデルが存在しません。アニメの世界では自然に見えるものでも、そのまま再現しては3次元の世界では違和感が生まれることもあります。アニメに忠実であればあるほど、非人間的になるというジレンマが発生する」と説明する。

 そのため、今回のキャラクターたちのクロノイド化は、「肌や瞳など部分部分の再生技術そのものも高度ですが、むしろそれ以上に、2次元をリアルな3次元に再現するにあたっての変換技術が、なによりも高度であると考えています。ユニバーサル・スタジオはこの変換技術に長けていると言えます」と自負を語った。

 『進撃の巨人 ザ・リアル』には、15メートル級の「エレン巨人」と14メートル級の「女型の巨人」の激闘を圧倒的な迫力とスケールで再現。ゲストは調査兵団と同じ視点から自分の目の前に立ちはだかる、2体の巨人を目の当たりにし、絶望的な状況下で戦う物語の主人公たちと同じ境遇を体験できる。



関連写真

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに来ればリアルすぎるリヴァイに会える! 『ユニバーサル・クールジャパン』は1月23日スタート(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • 『ユニバーサル・クール・ジャパン』イベントラインナップ一覧(左から)『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』、『進撃の巨人・ザ・リアル』、『バイオハザード・ザ・エスケープ』、『モンスターハンター・ザ・リアル』 (C)カラー (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 書・紫舟
  • 『進撃の巨人 ザ・リアル』の制作に携わったアートディレクターの佐々木由希子氏

オリコントピックス