• ホーム
  • 芸能
  • サンドウィッチマン、東北の“ホッキ貝漁”現状に迫る

サンドウィッチマン、東北の“ホッキ貝漁”現状に迫る

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンが東北の復興を応援するTBC(東北放送)制作の特番『これが東北魂だ 川と海と大地の恵み“幻の味”を探せ!』が、25日(後4:00)にTBS系で放送される。2012年の初回からシリーズ4作目となる今回は、東日本大震災後、海底に沈むがれきの影響で漁が困難になったホッキ貝にスポットを当て、復活に奮闘する漁師たちの姿を追う。

【写真】その他の写真を見る


 サンドウィッチマンが訪れたのは宮城県・山元町。かつては日本一と言われた山元町のホッキ貝だが、震災が発生したことにより収穫が難しくなった。「ホッキ飯」を提供する地元の飲食店も、現在は北海道産のホッキを使用しているのが現状だ。

 そこで二人は調査船に乗り込み、海底のがれき除去作業を終えた場所にホッキ貝がいるのか、調べることに。果たして漁は再開することができるのか…。漁師たちと交流した富澤たけしは、ホッキ貝漁について「いまだにそういう状況だってことを正直知らなくて、衝撃でした」とショックを受けた様子で、「番組を通して今の状況も知ってもらいたい」と訴えた。

 また、石巻市のブランド牛「仙台牛」を飼育している農家の元にも向かい、餌となる稲わらの準備の手伝いを行うほか、日本大震災支援チャリティイベント「ラフラブ」を主催しているタレントのSHELLYが、絶滅危惧種の天然ニホンウナギの中でも“幻”と言われる、「幻の天然大ウナギ」を求めて石巻市へ足を運ぶ様子も放送される。

 同番組を「いろんな復興が見える番組」という伊達みきおは、「たくさんの方に見ていただいて『頑張っているんだな東北は。また行ってみようかな』という風に思っていただけたら僕らはうれしいですね」と語っている。

 番組ナレーションはベッキーが務める。



関連写真

  • 宮城県・山元町でホッキ貝の現状に迫ったサンドウィッチマン 1月25日放送の『これが東北魂だ 川と海と大地の恵み“幻の味”を探せ!』より (C)TBC
  • 3人で「「いただきます」 1月25日放送の『これが東北魂だ 川と海と大地の恵み“幻の味”を探せ!』より (C)TBC
  • 船上で漁師さんの話を聞く 1月25日放送の『これが東北魂だ 川と海と大地の恵み“幻の味”を探せ!』より (C)TBC
  • SHELLYが「幻の天然大ウナギ」求めて石巻へ (C)TBC
  • うなぎ食べるSHELLY (C)TBC
  • 1月25日放送の『これが東北魂だ 川と海と大地の恵み“幻の味”を探せ!』より (C)TBC

オリコントピックス