• ホーム
  • 芸能
  • バカリズムも夢中 人気セクシー女優の初著書が大ヒット

バカリズムも夢中 人気セクシー女優の初著書が大ヒット

 お笑い芸人・バカリズムが帯にコメントを寄せた、人気セクシー女優・紗倉まなの初著書『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(15日発売・宝島社)が注目を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 自身のネット番組にゲストとして紗倉を呼ぶなど、かねてから「紗倉まなファン」を公言してきたバカリズム。帯コメントの依頼も快諾し、「そういうところが好きです」とバカリズムらしさを感じさせる端的なワードで彼女の魅力を紹介。さらに発売前日には、ツイッターで書影と共に「みなさまぜひ」とつぶやいている。

 本書は2012年に高専在学中にセクシー女優デビューを果たした紗倉が、デビューのきっかけや独自の視点で分析する業界の日常、さらに「給料」「親バレ」「演技」など誰もが気になる疑問について率直につづっている。また、カルチャー好きな彼女の素顔を切り取った撮りおろしフォトページも収録され、セクシー女優ではない等身大の一面を垣間見せている。

 あどけない妹系の表情とFカップ巨乳のギャップで、バカリズム以外にもファンを公言するお笑い芸人や業界人も多く、地上波番組や映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』にも多数出演しており、一般的な人気もセクシー女優ではトップクラスを誇る紗倉。発売当日にはネット書店大手・Amazonの「タレント本」部門で1位を獲得する大ヒットを記録。本書をきっかけにさらに人気が高まりそうだ。



関連写真

  • セクシー女優・紗倉まなの初著書『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』表紙カット
  • 21歳のあどけない表情を披露する紗倉
  • 誌面カット
  • 紗倉まな著書『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』誌面カット

オリコントピックス