• ホーム
  • 芸能
  • 正月三が日のCM放送回数、1位は755 好感度1位はau

正月三が日のCM放送回数、1位は755 好感度1位はau

 CMに関する調査を行うCM総合研究所は14日、2015年の正月三が日(1月1日から3日)に放送されたCMの銘柄別放送回数を発表し、211回を記録したトークアプリ【7gogo/755】が1位に輝いた。同CMにはAKB48やE-girlsが出演。2位は【ユーキャン/ユーキャン】(178回)、3位は【アムタス/めちゃコミック】(143回)となっている。

 企業別では530回でスズキが2年連続最多となり、興和(246回)、日産(213回)、ダイハツ(212回)、7gogo(211回)が続き、自動車やスマートフォンアプリが目立つ結果となった。三が日全体の新作CMは142本で、直近5年間で最小となっている。

 また、1月前期の銘柄別CM好感度調査(1月4日実施)も発表され、松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎として“あたらしい英雄”を演じる【KDDI/au】が初の1位を獲得。2位は玉山鉄二と中島広稀が兄弟を演じる【ダイハツ/WAKE】、3位は白戸家シリーズの【ソフトバンクモバイル/SoftBank】、4位はリリー・フランキーがマッサージ師に扮する【日野自動車/デュトロ】、5位は遠藤憲一と山崎弘也が共演する【PIZZA-LA/来店促進】が続いた。

※調査結果は全てCM総合研究所調べ



タグ

オリコントピックス