• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂・桜井、西野、松村 オーディションでチャンスつかむ WOWOWドラマ初出演

乃木坂・桜井、西野、松村 オーディションでチャンスつかむ WOWOWドラマ初出演

 人気アイドルグループ・乃木坂46桜井玲香西野七瀬松村沙友理の3人が、WOWOWの日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』(2月22日スタート、毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)に出演することが13日、わかった。オーディションを受け、主人公が店長を務める「ブロードカフェ」の店員役をつかんだ。この3人のうち1人が物語の重要な鍵を握る人物を演じる。社会性のある題材を扱い、骨太で重厚なドラマ作りに定評のある同局のドラマに現役アイドルグループのメンバーが出演するのは、今作が初となる。

 13歳の少年3人による殺人と少年法を扱った作家・薬丸岳氏のデビュー作で、『第51回江戸川乱歩賞』を受賞した話題作を連続ドラマ化。少年たちに妻を殺害された主人公・桧山役で俳優の小出恵介が主演する。

 日本の法律では、14歳未満の子どもの行為は「犯罪」としては扱われないというのに、被害者やその遺族は実名も顔写真もプライバシーも晒されるのが現実。このような事件に身内が巻き込まれた時、犯人を赦(ゆる)すことはできるのか。もし、自分の子どもが加害者になってしまったら、更生させられるのか。そんな両者の視点に立って、謎を解きながらこの問題を考え、新事実が明るみになるたびに驚愕のストーリーが展開する。

 乃木坂46のキャプテンを務める桜井は、昨年、劇団SET公演の舞台『Mr.カミナリ』でヒロインを務めるなど、女優としても頭角を現してきており、「まだお芝居は分からないことが多いのですが、周りの皆さんからたくさんのことを吸収しつつ、この作品の中に自分も何かを残すことができるように頑張ります!!」と意気込む。

 西野が演じる役は、桧山の妻・祥子の事件後にアルバイトとして働き始める「明るい女子大生役」と明かし、「シリアスなドラマですが、緊迫感がやわらぐような笑顔で演じたい。しっかりお芝居をさせていただける貴重な機会なので、自分なりに頑張りたい」と張り切る。

 松村もアルバイトとしてカフェで働く大学生の役で、「ものすごく微力な私ですが、皆さんと一緒に作品を作っていくことに大変わくわくしています。精一杯、頑張ります」と作品に参加できる喜びを語り、「私自身、純粋にこの作品を楽しみにしています。台本を読んでいても先の展開が気になってドキドキします。たくさんの思いが入り混じる社会問題を題材にした作品なので、周りの人と一緒にこの作品についてたくさん語り合ってもらいたい」と思いを巡らせた。



オリコントピックス