• ホーム
  • 芸能
  • 原哲夫氏、サイレントマンガに反対?「“あべし”で食っていますから」

原哲夫氏、サイレントマンガに反対?「“あべし”で食っていますから」

 漫画『北斗の拳』、『花の慶次』などの作者として知られる原哲夫氏が13日、都内で行われた『サイレントマンガオーディション』授賞式に出席し、スピーチを行った。

【写真】その他の写真を見る


 サイレントマンガは一切言語を使用せずに描かれた漫画のことで、オーデションは海外向けの新人漫画賞として2012年より開始。第1回は53の国と地域から514作品、第2回は65の国と地域から609作品が集まっており、国境を超えた漫画賞として注目されつつある。

 今回は、これまでに特に優秀な作品を描いた上位11名を“サイレントマンガマスター”として表彰した。この日、同賞の審査員として参加している原氏をはじめ、北条司氏、次原隆二氏が登壇し、受賞者らにエールを送った。

 ステージに立った原氏は「僕なんかは“ひでぶ”とか“あべし”とかで食っています」といい、「せりふがない『サイレントマンガを描けば?』と言われても描けない。“ひでぶ”とか“あべし”が使えないと、僕なんかは絵が下手ですから…」と自分の作品を引き合いに、会場を笑わせた。最後には「僕はサイレント漫画には反対ですけれども、今後とも日本の漫画をよろしくお願いします」とユーモアたっぷりに語った。

 第3回『サイレントマンガオーディショ』は、テーマ「お母さん」とし、3月31日まで受け付けている。



関連写真

  • 『サイレントマンガオーディション』授賞式に出席した原哲夫氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『サイレントマンガオーディション』授賞式の模様 後列に並ぶのは今回表彰された各国のサイレントマンガマスター (C)ORICON NewS inc.
  • 『サイレントマンガオーディション』授賞式に出席した北条司氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『サイレントマンガオーディション』授賞式に出席した次原隆二氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)原哲夫氏、次原隆二氏、北条司氏

オリコントピックス