• ホーム
  • 芸能
  • 広瀬すず主演『学校のカイダン』初回は9.0%

広瀬すず主演『学校のカイダン』初回は9.0%

 女優・広瀬すずが主演する日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』(毎週土曜 後9:00)が10日スタートし、初回視聴率が9.0%だったことが13日、わかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 広瀬演じる周囲の顔色を伺いながら学校生活を送る女子高生・春菜ツバメが、若くして街で噂の“魔法使い”と呼ばれる伝説のスピーチライター・雫井彗(神木隆之介)と出会い、雫井から「腐った学校」を革命するための武器『言葉の力』を授けられるというオリジナルストーリー。広瀬にとってはこれが連ドラ初主演となる。

 第一話では通っていた高校が2ヶ月前に閉鎖され、名門の明蘭学園高校に特別採用枠で編入したツバメだったが、“プラチナ8”と呼ばれる裕福で華やかな生徒たちに仕組まれ。全校生徒の前で生徒会長に選ばれてしまう。さっそく老人ホームでのボランティア活動を取り仕切ることになるがそこで事件が発生し…という展開だった。



オリコントピックス