• ホーム
  • 音楽
  • TM NETWROKの名盤『CAROL』誕生秘話をひも解く

TM NETWROKの名盤『CAROL』誕生秘話をひも解く

 NHK・BSプレミアムの音楽ドキュメンタリー番組『名盤ドキュメント MASTER TAPE』に、小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の3人で構成されるTM NETWROKが登場。ファンや音楽関係者が傑作と呼ぶ『CAROL』(1988 年発売)の誕生秘話をひも解いていく。

 音楽シーンを彩った名盤のマスターテープを聞きながら、楽曲の分析や、音へのこだわり、当時の状況や思い出を語ってもらい、誕生の要因、背景も紹介していく番組。マスターテープ(=マルチトラックテープ)とは、ドラム、ベース、ギター、キーボード、そしてボーカルなどが別々のトラックに録音されていて、ボーカルだけ単独、キーボードとギターだけなど音を取りだして聞くことができるテープだ。

 『CAROL』はアナログLP2 枚組の大作で、異世界で盗まれた「音」を取り戻すという近未来を舞台に設定した内容のコンセプトアルバムであり、また、書籍、音楽、そしてステージなどメディアミックスを目指した作品。英ロンドンで制作されたこのアルバムは、「Seven Days War」「COME ON EVERYBODY」など彼らの代表曲も収録されている。

 1984年のデビュー以来、独特のスタイルで日本の音楽シーンに大きな足跡を残し、影響を与えてきたTM NETWROK。昨年、デビュー30周年を迎え、7年ぶりのニューアルバムを発表。ライブツアーも再開し、今年は1万人以上を集めるアリーナライブも行われる。

 番組では、TM NETWROKのメンバーや、このアルバム制作に参加したミュージシャンやプロデューサーやエンジニア、そして関わった多くの人たちを取材し、その制作秘話を語ってもらうことによって、ひとつの傑作アルバムが開花する瞬間を描いていく。

 『MASTER TAPE 「CAROL」 TM NETWORK』はBSプレミアムで2月15日(後11:00〜11:59)放送。



関連写真

  • 昨年、デビュー30周年を迎えたTM NETWROK
  • TM NETWROK『CAROL』(1988 年発売)
タグ

オリコントピックス