• ホーム
  • 芸能
  • 未唯mie、13年ぶりドラマ出演で絵本作家役「大変光栄でした」

未唯mie、13年ぶりドラマ出演で絵本作家役「大変光栄でした」

 ピンク・レディーの未唯mieが、16日スタートのテレビ東京系ドラマ『保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜』(毎週金曜 後7:58)で13年ぶりにドラマ出演することが7日、わかった。倒産寸前の保育園の園長・花咲慎一郎(山口智充)が“裏の顔”私立探偵として園を支えるため奔走する同ドラマ。第1話ゲストの未唯mieは、不良少年が憧れる絵本作家役を演じる。

 ドラマの舞台は、都内にある認可外保育園「ニコニコ園」。長時間保育や急な依頼も受け付ける「明かりの消えない保育園」で、親が望めば朝まで子供を預かる良心的な運営と花咲の人柄で評判は良いが経営は火の車。そんな園を支えるため、花咲が“保育探偵”として奔走する。

 第1話では、花咲のもとに三倉茉奈演じる鴨瀬由比子から、弟・仁志(真剣佑)を暴力団から連れ戻してくれるよう依頼が舞い込む。未唯mieが演じるのは、仁志が憧れる絵本作家の栗田詩乃子。美しいプロポーションを維持するためトレーニングを欠かさない「名ストーリーテラー」だ。

 栗田には一部の熱狂的なファンから恐喝の手紙も届くため、護身用に木刀を振るシーンもあった。未唯mieは「思ったより重い!」と苦労したようだが、殺陣師や真剣佑のアドバイスで乗り切ったという。

 絵本作家の役どころについては「30代になるころ、絵本を作ってみたいという思いがありました。それ以来、絵本を描くことが夢になっていたのですが、絵本作家役をいただけて大変光栄でした」と喜んだ。

 13年ぶりのドラマ出演を「そんなに久しぶりだとは思いませんでした」と振り返った未唯mie。「昨年は舞台に3作出演させていただいたので長いけいこの中で役が身体になじむ感じとか、流れの中で感情が揺れ動く感覚の方に傾いていたようです。だから、撮影のスタート〜カットの間に役の存在や感情を表現することに多少の戸惑いがありました」と述懐した。

 同ドラマには、黒谷友香、福本愛菜、富田靖子、白石美帆、藤吉久美子、中村俊介、鹿賀丈史らが出演する。(初回は後7:58〜9:48の2時間SP)



関連写真

  • 13年ぶりにドラマ出演する未唯mie
  • ドラマ場面写真=「保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜」
  • ドラマ場面写真=「保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜」
タグ

オリコントピックス