矢口真里、再婚に「踏み出す勇気ない」

 タレントの矢口真里(31)が、7日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV 人生相談4時間半SP!!」(後7:00)に出演。不倫騒動後の“キャラ作り”について悩みを相談し、MCの明石家さんまから「おれの楽屋に来い」と本気で提案された。

 冒頭から「この先どうしたらいいかわからない」と切り出した矢口は「明るく、元気なキャラで『あっち系』のイメージがなかったので、キャラをどう展開したら…」と悩みを告白。さんまがすかさず「おれの楽屋に来い」と提案した。

 以前も、お笑いコンビ・次長課長の河本準一(39)に相談し、なまはげ姿で「イケメンはいないか」と言うキャラを提案されたという矢口。「なまはげはできるかなと思ったが、母親が悲しむ…」とつぶやくと、さんまが「おれが悲しむわ」と返して笑わせた。

 不倫騒動を巡り「人を傷つけたか、傷つけられたか」と聞かれた矢口は「傷つけた側です。キッカケは私…」とポツリ。「(自分も)スクープなどで傷つけられていることに気付いて」とアドバイスされると、「私だって傷ついているんだ!」と吹っ切れたように叫んだ。

 再婚については「踏み出す勇気がない」とし、「結婚の魅力を取り戻したい」と切実に語った。



オリコントピックス