• ホーム
  • 芸能
  • 松山ケンイチ主演、『紅白歌合戦』誕生秘話をドラマ化

松山ケンイチ主演、『紅白歌合戦』誕生秘話をドラマ化

 俳優の松山ケンイチが、大河ドラマ『平清盛』(2012年)以来となるNHKのドラマ『紅白が生まれた日』(3月21日 後9:00)に主演することがわかった。今年は、日本でラジオ放送が開始されてから90周年となる節目の年。その関連番組の一つとして、毎年恒例の「紅白歌合戦」の誕生秘話をドラマ化する。ほかに、本田翼星野源高橋克実らの出演が決定し、まもなくクランクインする。

【写真】その他の写真を見る


 終戦からわずか4ヶ月後の昭和20年(1945年)の大みそか、「紅白歌合戦」の前身となった番組『紅白音楽試合』が放送された。昨年の放送で第65回を数えた『紅白歌合戦』だが、その発端は一人のディレクターのちょっとしたひらめきと情熱だった。その歴史をひも解きながら、GHQの占領下、傷ついた人々に歌声を届けようと、奮闘するスタッフや歌手たちの悲喜こもごもの人間模様を描く。脚本は連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の尾崎将也氏が担当する。

 松山が演じるのは、「紅白」の企画立案、放送成功に尽力した放送協会の放送員(ディレクター)をモデルにした新藤達也役。本田は戦前アナウンサーとして活躍していた竹下光江役、星野はGHQの検閲等を主に従事する部署(CIE)で通訳を担当する日系アメリカ人・ジョージ馬淵役、高橋は空襲で家を失い、妻とバラック小屋に住みながら戦争孤児を育てている山田孝介役で、旧知の仲の新藤を励ます役どころを演じる。



関連写真

  • 松山ケンイチ主演で「紅白歌合戦」誕生秘話をドラマ化 NHK『紅白が生まれた日』3月21日放送
  • 戦前の女性アナウンサー役で出演する本田翼
  • 3月21日放送、NHK『紅白が生まれた日』で日系アメリカ人役を演じる星野源
  • 3月21日放送、NHK『紅白が生まれた日』に出演する高橋克実

オリコントピックス