• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・二宮、せりふを3度噛んだシーンとは? ドラマ『オリエント急行殺人事件』

嵐・二宮、せりふを3度噛んだシーンとは? ドラマ『オリエント急行殺人事件』

 今月5日に都内でフジテレビ開局55周年特別企画『オリエント急行殺人事件』(11・12日、2夜連続、後 9:00)の完成披露試写会が開催され、主演の狂言師・野村萬斎をはじめ、松嶋菜々子二宮和也)、玉木宏沢村一樹佐藤浩市、そして脚本を手がけた三谷幸喜氏が出席した。

 同ドラマは、世界的にその名が知られるミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を、昭和初期の日本に設定を移し、豪華寝台列車「特急東洋」を舞台にストーリーが展開していく。三谷氏は「中学生の時に『オリエントの急行』を読み、映画を観て、ずっとこの物語の裏にはどんなことがあったんだろうかと考えてきて、その答えが今回やっと出せたという感じです。(2夜にわたり)6時間かけて描くことができたのは、テレビの持つ強さかなと思います。テレビドラマに関わる人間として、ドラマの可能性がまた広がったのではないでしょうか」と自信をのぞかせた。

 民放ドラマ初主演で、同局ドラマ初出演で、日本版名探偵ポアロ・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じた野村は、劇中で15分間にも及ぶ長せりふに挑戦しており、「朝はやくからてっぺん(深夜0時)を越えるくらいまで、1日半、(列車の中にいる)皆さんほぼ聞いているだけ、私、しゃべるだけ。しどろもどろになってしまったらせっかくの皆さんの忍耐がぶち壊しになるので、必死でした」と振り返った。

 二宮は「そのプレッシャーに耐えきれず、(そのすぐあとのせりふが)3度ほど噛んでしまいました」とNGを自己申告し、「長せりふもすごいですが、一回ではなく、何度も何度もやりきったことに本当に感動しました」と話した。杏も野村がせりふを言い終わると出演者から拍手が起こったというエピソードを明かしていた。

 今回、被害者を演じた佐藤に、三谷は「佐藤浩市の“死に顔”は素晴らしかったですね。本当に死んでしまったんじゃないかなっていうくらい見事な死に顔でした」と絶賛。佐藤は「12時間、ずっと“死に顔”だったんです。だから、僕が映っていない時のせりふを覚えて、そこで息をするんです。そこまでは息ができない。それを私は勝手にブレスポイントと名付けていて。それがつらかったですね」と撮影秘話を披露していた。

■放送情報
第一夜:1月11日 後9:00〜11:54
第二夜:1月12日 後9:00〜11:47



関連写真

  • フジテレビ開局55周年特別企画『オリエント急行殺人事件』完成披露試写会に出席した(左から)杏、佐藤浩市、三谷幸喜
  • (左から)沢村一樹、玉木宏、松嶋菜々子、野村萬斎

オリコントピックス