LINE、タクシー配車サービスを開始

 LINEは6日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE』で、タクシー配車サービス「LINE TAXI(ライン タクシー)」の東京版の提供を開始したことを発表した。

 「LINE TAXI」は、外部アプリの追加インストール不要で、ユーザーがアプリ上からGPS機能の利用や建物情報の入力を行い、乗車位置を指定するだけで、タクシーを呼ぶことができるサービス。

 タクシーが捕まりにくい時間帯や、タクシーの通行量が少ないエリア、電話をかけることができない状況時などでも、LINEを起動するだけで簡単にタクシーを呼ぶことができる。また、配車までの待ち時間の目安がアプリの地図上に表示されるため、おおよその時間を想定することができ、計画的なタクシー手配が可能になる。

 さらに、支払いはLINEの決済サービス「LINE Pay」との連携により、キャッシュレスで決済されるので、降車時の料金支払いの手間を省くこともできる。
(「LINE Pay」は、事前にクレジットカードでの支払い登録が必要)

 本サービスはタクシー会社大手の日本交通との提携により、同社が保有する車両3340台が東京版の対象となる。今後予定する全国版展開時には、日本交通が提携するタクシー事業者129グループが保有する2万3000台が対象となる予定。なお、乗車料金のほかに、各タクシー会社の定める配車料金が徴収される。



関連写真

  • 「LINE TAXI」東京版が配信スタート
  • 「LINE TAXI」利用図面
タグ

オリコントピックス