• ホーム
  • 芸能
  • 土9主演抜てきの広瀬すず、武器は“自分の意志”「無敵なんじゃないかな」

土9主演抜てきの広瀬すず、武器は“自分の意志”「無敵なんじゃないかな」

 10日より日本テレビ系で放送される連続ドラマ『学校のカイダン』(毎週土曜 後9:00)に主演する女優・広瀬すずが4日、神奈川県内のスタジオで行われた好スタート祈願に参加した。琴平神社の神主さんのもと祈願を受けた広瀬は「緊張しました。いよいよ始まるんだなと改めて思いました」と背筋を正した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、学園を牛耳るグループに無理やり生徒会長を押し付けられた春菜ツバメ(広瀬)が、若くして街で噂の“魔法使い”と呼ばれる伝説のスピーチライター・雫井彗(神木隆之介)と出会い、「腐った学校」を革命するための武器「言葉の力」を授けられる…というシンデレラストーリーをオリジナル脚本で展開する。

 自らの“武器”について広瀬は「私は毎日何も感じずに暮らしているので…いい意味でですよ!」とマイペースに語りながらも、「自分の意思は持っているので、そういう意味では無敵なんじゃないかなと思っています」と胸を張った。

 今回、初主演作となるが「皆さん前室でも和気あいあいとされていて、良い雰囲気の現場なので、主演だから私が引っ張っていかなきゃ!とは思っていないです。逆に私が引っ張ってもらって、プレッシャーも感じないようにしています」と心境を告白。「神木さんとは二人だけのシーンが多いので、お互いどうやって相手にドッキリをしかけるかとか、膝カックンをしたりとか、小学生みたいなことをしています」とすっかり打ち解けた様子を感じさせた。

 大きなみどころとなるツバメのスピーチについては「大勢の人たちの前で、セリフも長く、感情もたっぷり入れなければならないので、難しかったですが、その分、見ていただく方たちに刺さる言葉やセリフがたくさんあります。同世代の方はもちろん大人の方たちも、皆さん一つ一つ感じるものがあると思います」と自信を込める。「今いる場所を変えたいと思っている方、学生時代にできなかったことがあった方…見ていただいた方一人一人が、勇気を出す後押しができたらと思います」と期待をあおっている。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』好スタート祈願を行う広瀬すず (C)日本テレビ
  • 広瀬すずが真剣な面持ちで祈願(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』に主演する広瀬すず(中央) (C)日本テレビ

オリコントピックス