• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】白組が3年連続優勝 嵐・大野智が優勝旗を受け取る

【紅白】白組が3年連続優勝 嵐・大野智が優勝旗を受け取る

■『第65回紅白歌合戦』(31日、東京・NHKホール)
 5年連続で司会を務めたが“率いる”白組が、3年連続で勝利を飾った。審査員のタモリ&黒柳徹子から優勝旗を大野智が受け取り、メンバーと喜びをわかちあった。対戦成績は紅組29勝、白組36勝となった。

 白組は、郷ひろみのステージにバナナマン日村勇紀が乱入したほか、森進一の「年上の女(ひと)」の曲紹介に流行語大賞を獲得した日本エレキテル連合が登場するなど、人気お笑い芸人が盛り上げた。さらに、ゴールデンボンバーの樽美酒研二が「女々しくて」の曲中に丸刈りにし、芸人顔負けの爆笑をさらっている。

 企画コーナーでは、大ヒットアニメ・ゲームの『妖怪ウォッチ』と嵐のコラボや、大ヒットを記録した朝ドラ『花子とアン』が特別編として一夜限りの復活、大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌の大合唱などが繰り広げられた。

 司会は、紅組司会は朝ドラ『花子とアン』のヒロイン・吉高由里子、白組司会は嵐が5年連続で務めた。吉高は、同ドラマの特別編でキャストがサプライズで登場した際、涙を浮かべて再会を喜んでいた。

★☆★『第65回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順歴代の司会者&勝敗紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス