• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】長渕剛、11年ぶりホールで新曲披露 被災者へメッセージも

【紅白】長渕剛、11年ぶりホールで新曲披露 被災者へメッセージも

■『第65回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 3年ぶり4回目の出場となった長渕剛は新曲「明日へ続く道」を11年ぶりのNHKホールから披露。ピアノとブルースハープだけのシンプルな曲に、東日本大震災など自然災害の被災者への力強いメッセージを込めた。

 ステージの前に、嵐の二宮和也が長渕のメッセージを代読。「僕たちは大事なものを亡くした人たちの悲しみを共有できたのだろうか」と問いかけ、「前に進む仲間がみんなにもいるということをもう一度確かめ合い、そして明日へ続く道を信じたい」とした。

★☆★『第65回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順歴代の司会者&勝敗紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス