• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】サザン、事前発表なく31年ぶり出場 桑田ちょびヒゲ姿で「お久しぶりです」

【紅白】サザン、事前発表なく31年ぶり出場 桑田ちょびヒゲ姿で「お久しぶりです」

■『第65回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 サザンオールスターズが事前発表がないまま、横浜アリーナで行われている年越しライブ会場からの中継でサプライズ出演を果たした。正式な発表なくいきなり本番で登場したのは、2009年に特別出演した矢沢永吉の例はあるものの異例。今年ゲスト審査員を務めているタモリが総合司会を務めた1983年以来、31年ぶりの出場となった。

 トリ対決を前に、総合司会の有働由美子アナとSMAP中居正広が登場した。有働アナが「さあ中居さん、紅組・白組の枠を超えたスペシャルコーナーです」、中居が「実はここ1〜2日で出場が決まったようです。サザンオールスターズの皆さんです」と紹介すると中継画像に切り替わり、横浜アリーナとNHKホールから割れんばかりの大歓声が沸き起こった。

 ちょびヒゲをつけた桑田佳祐は「お久しぶりです。横浜アリーナにいるんですよ」とあいさつ。中居が「会場の雰囲気はいかがですか」と聞くと、「どっちらけなんですよ。中居さんの顔を見て大喜びです」と桑田節で沸かせた。中居から出場決断の理由を聞かれると、「そろそろメンバーで還暦を超えたヤツもいるので、もう1回、チームワークを高めてやってみようかと。今年の活動はレコーディング中心に充実していましたけど、来年はこれを機会に元気に外に出て行ってみようかな」と宣言した。

 「歴史的瞬間を皆さんに観ていただきたいと思います」と中居の紹介を受けたサザンは聖火をバックに、昨年発売された5年ぶりの復帰作「ピースとハイライト」と最新曲「東京VICTORY」の2曲を披露。観客1万5000人が一体となるなか、「皆さんありがとう〜! サンキュー!」と感謝した桑田は、熱い投げキッスで締めくくった。

 サザンはかつて恒例だった年越しライブを9年ぶりに復活。大みそかの公演は午後11時半開演が“慣例”だったが、今年は9時半スタートになっていたことから、紅白出演の可能性が一気に浮上。桑田が2010年8月に初期の食道がんの手術を受けたあと、ソロでの復帰のステージに同年の紅白を選んだ経緯もあった。

 今月26日にはNHKの柴崎哲也チーフプロデューサーが出演交渉していることを明かし、桑田佳祐は翌27日の年越しライブ4days初日公演で「紅白には出ません…今のところはね」と含みを持たせる発言。NHK側は29日の段階になっても「クリアしなければならないことがたくさんあって、まだお答えをいただいていない」とし、「最後まで粘りたい」とあきらめない姿勢を強調していたが、本番当日になっても正式発表はないままだった。

★☆★『第65回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順歴代の司会者&勝敗紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス