• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白リハ】セクゾン、5人そろってリハ 今年の漢字は「活動、活躍」の“活”

【紅白リハ】セクゾン、5人そろってリハ 今年の漢字は「活動、活躍」の“活”

■『第65回紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 Sexy Zoneは5人そろってリハーサルに臨み、2年連続2度目の出場を喜んだ。佐藤勝利は「今年、デビュー3周年。祝える場をファンの皆さんが作ってくれた」と感謝し「一年間やってきたことを見せたい」と意気込んだ。

 この日のリハも一番手、そして本番も白組のトップバッターを務める。菊池風磨は「トップバッター、うれしいですね。僕らがいかに(視聴者を)ひきつけられるかにかかっている。紅白を盛り上げられたら」と使命感に燃えた。中島健人は「初心を忘れないというスタンスで気を張ってリハに臨みました。(本番は)一年のラストにSexy Zoneの歌を届けた瞬間に“HITOMEBORE”してもらえるようにパフォーマンスしたい」と歌唱曲のタイトル「紅白にHITOMEBORE」にかけたコメント。

 ジャニーズ事務所の先輩であり、白組司会のとの面談では、一緒に登場するジュニアの数を聞かれたといい「今年は100人です」と対戦相手のHKT48に人数でも負けない構え。松島聡は「緊張してうまく話せなかった」、マリウス葉は「櫻井(翔)くんに、『大きいっ』と言われてドキッとした」と話していた。

 また、今年1年を漢字一文字で表すとしたら?という問いに、菊池は「“活”がいいと思うんですよね。一人ひとりの活動、活躍もあって、5人、3人、2人といろいろな形での活躍の仕方、一人ひとりの活かし方を見せられた」と充実した表情。

 来年の目標に「東京ドーム公演」をあげ、佐藤は「再来年の5周年で大きなことをやりたいで、勢いをつけたいし、できるときにやりたい」と貪欲な姿勢を見せていた。

★☆★『第65回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順歴代の司会者&勝敗紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス