• ホーム
  • 芸能
  • “冬コミ”いよいよ開幕! 厳しい寒さのなか早朝から長蛇の列

“冬コミ”いよいよ開幕! 厳しい寒さのなか早朝から長蛇の列

 日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット87』が28日、ついに開幕した。開演前の早朝から、厳しい寒さにも関わらず、会場最寄駅である国際展示場駅には長蛇の列が発生しており、改めてその注目度の高さがうかがえる。

【写真】その他の写真を見る


 屋内イベントとしては、国内最大規模の50万人以上が来場することが予想される今年の“冬コミケ”。1975年よりスタートした同イベントは、漫画や小説、ソフトなどさまざまなジャンルの創作物を扱った即売会。現在は夏と冬の年2回、それぞれ3日間にわたって開催されている。

 昨年の夏に開催された夏コミケ84では、計3日間で過去最多となる59万人が来場。今回の冬コミでも50万人以上の来場が予想されており、文字通りの“お祭り状態”に。駅周辺で開演を今か今かと待ち望んでいた男性(21歳・大学生)らに話を聞くと、「昨日、広島から出てきて都内で1泊して早朝に着ました。冬コミケは今回が初めてなので凄く興奮してます。予算は一応10万円です。もっと使うと思いますが(笑)」。そのほかの来場予定者に話を聞いても、軒並み10万円ほどを予算と答えるファンが多く、改めてその経済効果の高さがうかがえる。
 
 今年の冬コミは、6年ぶりに大みそかは外した開催となった。例年との主な変更としては、前回ハプニング的に始まった有明西ふ頭公園でのコスプレが、海をバックに撮影ができると好評につき正式にコスプレエリアになったこと、さらに企業ブースには、KADOKAWAや松竹、エイベックスピクチャーズの大手はもちろん、テレビ局もNHKが初参戦、同時に3日間の開催を徹底取材し、来年1月12日に冬コミケ87の模様が放送されることも話題となっている。

 『コミックマーケット87』は12月28日〜30日まで東京ビッグサイトにて開催。



関連写真

  • 日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット87』の会場前は長蛇の列が発生
  • 日本最大級の同人誌即売会『コミックマーケット87』の会場前は長蛇の列が発生
  • 最寄駅の国際展示場駅も早朝から大混雑
タグ

オリコントピックス