• ホーム
  • 芸能
  • 三遊亭竜楽、7ヶ国語で落語に挑む理由は「ウケるから」

三遊亭竜楽、7ヶ国語で落語に挑む理由は「ウケるから」

 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽。日本語を含め、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、英語を操り、落語を演じているのは彼のほかにいないだろう。ヨーロッパ各地を中心に、現在までに公演で訪れた海外の都市は33都市以上、外国語公演は120回を超える。「笑ってもらえるから、やめられない」という。

【写真】その他の写真を見る


 1986年に5代目三遊亭円楽に入門。92年に真打昇進を果たし、独演会などを重ねる傍ら、2008年から字幕・通訳なしの現地語公演を始めた。きっかけはボランティアの誘いだった。「イタリアへ行って、落語をやってみませんかと誘われて。乗ってみたら、出演料だけでなく渡航費も“ボランティア”だった(笑)。それが癪に障ったのか、イタリア語で演じることにしたんです。で、やってみたら大爆笑だったんですね」。

 この時から外国語の落語はすべて丸暗記。プロに落語の翻訳を依頼して、それをひたすら音読して耳で覚える。「高座に上がるのは一人だけ。私が忘れたり間違えたりすると崩壊してしまう。詰まった時にうまくごまかすのも芸のうちですが(笑)。外国語を披露するのが目的ではなく、その場にいる人たちを楽しませることができればいいという考え方ですね」

 笑っている外国人の観客を観て、「落語はお客さんと一緒に作っていくものだと改めて知った」という。

 「落語は一人芝居ではないし、パントマイムとも違う。落語はひとりで何役も演じるし、語りのほかは独特の間と、身振り・手振りのみで物語を進める。そこにものすごく豊かな想像の世界を提供できる。それが、落語の最大の武器だと、外国に行かなかったらわからなかったかもしれませんね。例えば、キセルの代わりに扇子をくわえるのを見て、たぶん日本には扇子のような形をしたパイプがあるんだろうと、自由に想像して楽しめるのが落語。すべての観客が全員違うことを考えていても成立する、正解のない芸、それが落語なんです」。

 竜楽は、世界を舞台にして日本の古典芸能を売り込む“クールなジャパニーズ”。興行としては採算が合わないこともまだあるが、「笑われるんじゃなく、笑わせる。人を笑わせるって、本当に難しい。つまらなかったら笑わない、そこは日本以上に海外はシビアです。ヨイショで笑ったりしませんから。その分、やり甲斐があるんです」。

 今月15日には、念願だった初のDVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。日本でも海外でも再生可能な仕様になっており、外国人の友人・知人などへの日本土産に重宝しそうだ。

 フランス語は、約1ヶ月にわたる初の長期公演を行ったアヴィニョン演劇祭での「味噌豆」と「ちりとてちん(一部)」を収録。英語は、東京農工大学で留学生の前で行った「味噌豆」。イタリア語は、日伊協会で留学中の大学生の前で披露した「気の長短」。ポルトガル語は、リスボンのバルで行った「味噌豆」。ドイツ語は、ライプツィヒ大学での「味噌豆」と、在ドイツ日本国大使館で行われた「気の長短(一部)」を収録し、気難しいドイツ人が大爆笑する姿も見どころになっている。スペイン語は、銀座のスペインクラブで行われた「気の長短」を収録。すべての外国語落語には日本語字幕が付いており、日本語落語「ちりとてちん」も収録されているので、日本の落語初心者にもおすすめしたい。

 BSフジでは、竜楽が公演で訪れた国で経験したことやその国の文化の面白さを機知とユーモアを交えた小噺にして紹介する5分番組『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』も放送中。



関連写真

  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽 (C)ORICON NewS inc.
  • DVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』発売中。日本でも海外でも再生可能
  • 高座の三遊亭竜楽
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初のDVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。写真は初の長期公演を行った仏・アヴィニョン演劇祭で撮影したもの
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初のDVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。写真は初の長期公演を行った仏・アヴィニョン演劇祭で撮影したもの
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初のDVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。写真は初の長期公演を行った仏・アヴィニョン演劇祭で撮影したもの
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初のDVD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。英語版「味噌豆」で爆笑する東京農工大学で留学生
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初VD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。ドイツ公演にて
  • 7ヶ国語で落語を演じると話題の落語家・三遊亭竜楽が初VD『三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO』を発売。イタリア公演にて

オリコントピックス