• ホーム
  • 映画
  • フリーザを歌った? ホルモンの「F」が映画『ドラゴンボールZ』劇中歌に決定

フリーザを歌った? ホルモンの「F」が映画『ドラゴンボールZ』劇中歌に決定

 最強最悪の敵、フリーザの復活で話題のアニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)のバトルソングが、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンの「F」に決定した。脚本から手掛けた原作者の鳥山明氏は「『F』はフリーザのことを、えげつなくもカッコよく歌った曲です。もちろん、ただ復活しただけじゃないので、すさまじい対戦をどうぞお楽しみに!」と、重低音響く楽曲とともに繰り広げられる超絶バトルに自信をのぞかせた。

 「F」は2008年7月9日に発売されたシングル「爪爪爪/『F』」に収録された楽曲。メンバーもドラゴンボールが大好きで、同漫画を読んでこの楽曲が生まれたとマキシマムザ亮君が語っていたこともあるという。

 鳥山氏は「今回、フリーザが復活します! 『F』はフリーザのFです。これは、映画の次回作の話をあれこれ悩んでいた頃、友人を通じて知り合ったマキシマム ザ ホルモンの『F』という曲を聴いてひらめいたアイデアです」と楽曲にインスパイアされたことを明かしている。

■公式サイト
http://www.dragonball2015.com



関連写真

  • アニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルソングが、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンの「F」に決定 (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
  • アニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルソング「F」を担当するロックバンド・マキシマム ザ ホルモン
タグ

オリコントピックス