• ホーム
  • 音楽
  • 鬼龍院&華原、レコ大で初デュエット ウルフルズ名曲を熱唱

鬼龍院&華原、レコ大で初デュエット ウルフルズ名曲を熱唱

 年末恒例のTBS系『第56回 輝く!日本レコード大賞』で作曲賞を受賞したゴールデンボンバー鬼龍院翔と、企画賞を受賞した華原朋美が28日、東京・新国立劇場で行われたリハーサル後に報道陣の取材に応じた。

 30日放送の同番組では、スペシャルプログラムとして日本レコード大賞55年の歴史を彩ってきた名曲の数々を鬼龍院、華原ら豪華アーティスト7組10人がメドレーで披露。さらに今回のメドレーで二人がウルフルズの代表曲「バンザイ 〜好きでよかった〜」で初デュエットをすることも明らかになった。

 「同じ音楽番組には出たことがあるけど、話すのは初めて」という二人。「絶対一緒にならないと思ってた」と笑った華原は、鬼龍院を眺めながら「礼儀正しい方。髪の毛の色だけで人を判断してはいけないんだなと思いました」と冗談交じりに印象を明かし、鬼龍院は、「子どもの頃、小室(哲哉)さんに影響を受けていたので、(華原の)曲もたくさん聴いていた」と羨望の眼差しを向けていた。

 年末のライブステージは数多くあるが、『レコ大』は二人にとって特別な舞台だという。華原は「一年のご褒美。毎年決まってもらえるものじゃないので、頑張りが実った時にもらえるものなのですごい影響力がある」と感慨深げ。鬼龍院も「音楽に真面目な方々が集まってる。音楽番組の極みだと思います」と興奮気味に語り、「自分がそこに出られているのは奇跡的」と喜んでいた。

 リハーサル中、入念に打ち合わせをする姿が印象的だった。本番への手応えを聞くと、「いきなりだけどよく出来たよね」と華原。鬼龍院も「頑張りました」と自信をにじませていた。

 「日本レコード大賞」および「最優秀新人賞」の発表、各賞授賞の模様は12月30日、東京・新国立劇場からTBS系で生放送される。総合司会は同局の安住紳一郎アナウンサーと女優の仲間由紀恵が務める。



関連写真

  • レコ大で初デュエットを果たす(左から)鬼龍院翔、華原朋美 (C)ORICON NewS inc.
  • 鬼龍院翔
  • 華原朋美

オリコントピックス